お薦め書籍「どんぐり亭物語 子ども達への感謝と希望の日々」

どんぐり亭表紙

商品の説明

問題行動を起こす子はクラスの宝―著者は不登校児をはじめ問題をもつ子の担任をし、その子たちを核にして暖かいクラス作りに成功した。その秘訣とは…。どんぐり亭では、森の力や畑の力を借りながら、不登校児のカウンセリングも行われている。復帰率は8割に達すると言う。人間ってこんなにすばらしいものなんだ、こんなに変われるんだという感動に満ちた記録。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

加藤久雄
1961年群馬県生まれ。同志社大学文学部社会学科社会学専攻。自然学舎「どんぐり亭」亭主。高崎市立豊岡小学校勤務。樹木・環境ネットワーク協会会員。日本樹木保護協会認定樹医2級。グリーンセイバー・マスター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

加藤さんと

加藤久雄さんと 

とてもすばらしい方です。本当にあったかい人。「どんぐり亭物語」 読了後は、本当に心があったかくなります。勇気がでます。生きる喜びに満たされます。本当に魂に響く良書です。

お薦め書籍「どんぐり亭物語 子ども達への感謝と希望の日々」」への2件のフィードバック

  1. 「どんぐり亭物語」は素晴らしい物語!何度読み返しても魂が洗われます。私からも心からお薦め申し上げます。

    • 大変失礼しました。私にコメントいただける方が滅多にいらっしゃらないので、コメント欄を見ていませんでした。わざわざコメントいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中