護身術

当会では動画をユーチューブにアップしています。動画を見ているとき関連の動画が横にでてきますよね。

そのとき護身術の・・とかの題の動画があったので参考になるかなって軽いノリでみてみました。

テレビの収録番組だったのですが女性タレントが海外に一人旅するので危ない目にあったらどうすればいい?みたいな番組です。

格闘技団体の道場に行って教わるみたいな企画でしたが、                        インストラクターがいきなりミットをオリャーみたいなかんじで連打して、はい やってください

・・もちろん番組の企画でやっていることなので通常は基本をやってそれからでしょうが、テレビですから派手にやりたいのでしょう。テレビだし演出が入ります。

もちろんその団体の先生はわかっていると思います。いきなりは無理だっていうことを。使えるようになるには時間がかかります。即席でできるなんてことはありません。

1回やって全てできるなら1日で黒帯です。師範です。

ありえないですよね~考え方とかは1日でも大丈夫。でもそれをいつでもどんなときでも使えるようになるにはそれなりの時間が必要です。それが修行です。

じゃ有効な護身術ってどんなの?

答え

危ないところに行かないこと 

以上です。

えっ!ナイフとかの取り上げ方とか殴りかかってきた相手を投げるとかの方法を習うことじゃないの?

違います。

そのために一番有効な護身術は危ないところに行かないこと。これには危なそうなところに行かないことも含まれます。

夜道を歩くときでも、この道を通ると近いけど暗いし人通りも少ないから、あっちの明るくて人通りの多い道を歩こうってのも立派な護身術です。

これ以上の護身術はありません。護身という字で考えてください。文字とおり身を護ると書きます。身を護れなければ護身術にはならないのです。

あなたは危ない目にあっちゃいけないんです!

 

PS 風邪を引いちゃうも護身術からいうと外れています。

PPS いよいよ本番が近い受験生のあなた風邪なんかひいてる場合じゃありませんよ~。しっかり護身して本番で自分の能力を最大限に引き出しましょう。

PPPS  でも、もし暴漢が刃物で突きかかってきたら、合氣道ではこんな風に対処します→短刀取り胸突き小手返し

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中