ヒクソン・グレイシー

ダウンタウンのテレビで久々ヒクソン・グレイシーを見た。番組の企画でヒクソンに参ったさせることができるか?みたいなの。ヒクソン

対戦者は足裏マッサージの人。よくテレビの罰ゲームで芸人を痛めつけてる人だった。

ヒクソンの前に電撃ネットワークの芸人が(私は痛点がないって言ってたかな)やって十数秒で参った!

次に行者(火の上を歩く人)この人も・・もっと早くで数秒で参った。

 

いよいよヒクソン。少し顔色が変わった瞬間もあったけど30秒耐えきった。

でヒクソンの勝ち。

どうやって耐えたか聞いてたけど、呼吸法と試合で自分の足に技をかけてきたことを想像して耐えたって言ってた。

合気道の技でも締め技があって極まったらタップ(参りましたの意思表示。パンパンって普通の格闘技だと攻撃している相手を軽く叩いて技を止めてもらう行為)するけど、格闘技のタップとちょっと違う。

痛いからやめてもらったんでしょ。

そう。だけど違う

なにが?

それは技をかける人の内面が違うのです。まず技をかける人は、相手を参ったさせるために技をかけない。

・・・!?

締め技のときは、相手の方の筋(すじ)を伸ばしてあげて健康になってね~って思ってかけます。

それから技を受ける方は、参ったしてたまるか!って思わないで、あ~筋(すじ)を伸ばしてもらえるんだ。ありがたいって思って技を受けます。

でも、なんでタップするの?

それは、もう充分です。筋(すじ)が伸びました。ありがとう。もういいよ。って合図を技をかけている人に送っているだけ。

・・・!?

技をかける方、技を受ける方、両方ともにその気持ちでやっています。そうすれば、お互いに遺恨も残る訳ないし、逆にありがとうでしょ。

それぞれ、技掛けさせてもらってありがとう。技で筋(すじ)伸ばしてくれてありがとう。

技を受けるとわかるけど、終わったあと、とってもスッキリしますよ。だって自分では普段伸ばせないところを伸ばしてもらえるから。

当然、そこには「勝ち」「負け」は存在しない。

とっても平和的な合気道の締め技です。

 

PS.ゲストの女性タレント、ヒクソンのこと知らなかった・・・

PPS.この締め技のやり方は当会のものです。他の流派の合気道は、どうだか知りません。

PPPS. 相手を敬う気持ちのない技はタダの殺人技です。敬う気持ちのある技は、                              活人技です。

PPPPS.  合気道の締め技でFBIの逮捕術に採用されている技の一つはこれ→三教(さんきょう)※技の解説では締めから投げています。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中