一瞬で身体が柔らかくなる方法

 

身体が硬いって人多いと思います。でも「わたしって生まれたときから身体が硬かったんだ~」なんていう人はいないはず。

赤ちゃんのときは誰でも柔らかかったのです。

それがいつの間にか、ほとんどの人は身体が固くなってしまっています。身体が硬いと怪我をしやすくなります。

それから力んでしまうクセがあると身体はどんどん硬くなってしまいます。

正しい柔軟体操をすれば必ず柔らかくなります。

それは、お相撲さんの新弟子稽古みたいにギュウギュウと無理やり押すんでしょ。

やだやだ痛そう

なに!甘いこと言ってんだ。武道だから身体に無理してもやるのが稽古だ!!

それっ!

グキッ・・・痛てて

ご安心ください。そんなことはいたしません。

もちろん個人差はありますが、正しいやり方を覚えれば今の状態よりも必ず柔らかくなります。

しかも一瞬で!

で、やり方です。体操をする前(直前です)に自分で自分にこう言います。

「わたしは、身体が柔らかくなる!!」

以上です。

IMG_1692縮小IMG_1693縮小

 

 

 

IMG_1694縮小IMG_1695縮小

 

 

 

これが、一瞬で身体が柔らかくなる方法です。

!?なんだよ、それっ!

て聞こえてきそうですが、本当です。まず、あなたが実際試してみてください。いきなりやると差がわからないので、

最初は、何も言わずに柔軟体操をまずやってください。それで今の自分がどれくらい曲げれたか覚えていてください。

次に「わたしは、身体が柔らかくなる!」と言ってから柔軟体操します・・・

どうですか?違いがあるはずです。

コツは自分に言うときに断定してください。「身体が柔らかくなったらいいな~」とか「身体が柔らかくしたいな~」とかじゃダメです。

はっきり断定すること。そうすればできます。

この方法は柔軟体操だけに有効!?・・違いますよね。どんなことにも応用できます。仕事でもスポーツでも勉強でも全て

その行動をする前。前ですよ

はっきりと 自分に向かって命令してください。

「わたしは・・・・なる!」

って。そうすれば、その実現がとても早くなるはずです。是非お試しください。

 

PS. 柔軟体操は無理しないでくださいね。1日1ミリでも柔らかくなればいいんです。ですから1年で・・・365ミリ

PPS. でも限度はあります。中国雑技団の人のようにはできません。あれは特殊な方たちです(超人ですから)。普通は、へそ位は着けれるようになれます。

PPPS. 合気道の稽古でその心の使い方(先に心を使い行動する)のクセをつけることができす。 必ずその説明をしますので、自然と身に付く環境になっています。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中