花粉症

img023c6cbczik3zj

花粉症ってつらいみたいですね。私は全くないのですが、周りでは鼻グズグズしている人、結構多いです。

でも、なんで同じ環境にいるのに花粉症になる人とならない人がいるんでしょうね。体質?過敏症?

 

合氣道の正しい修行をしていくと「氣」やそれよりももっと深淵な「合気(あいき)」という世界があることがわかります。

それは筋肉の力に頼らずまた瞬発力も使いません。それで人を投げるという夢のような技法です。

IMG_1411縮小IMG_1412縮小IMG_1413縮小

 

 

 

 

(上の左の写真)自分の片手を相手が両手で持っています。もちろん妥協なし渾身の力で持っています。(真ん中の写真)相手に「合気」がかかり腰から崩れているのがわかると思います。(右端の写真)そのままマットに崩れ落ちてしまいました。

合氣道修行者の憧れです。正しい修行を行っていればできるようになります。

でも、こんな質問をされたことがあります。

ある女性会員さんから合気が道場でできるようになったから、家で主人に合気で技かけてみたら全くかからないんです。どうしてでしょうか?ほんとは私できていないでしょうか?道場ではできるのに・・・??

あるある

道場ではできる。でも・・・この原因は

過敏症です。

先の花粉症の例のように同じ環境にいるのになる人とならない人がいる。道場という場所は良いも悪いもないのですが同じような人(氣とか合気に敏感)が集まります。

そんなもん(合気)にはかからないぞって思っているあなたも実は、そんなもん(合気)にと考えたときから、それ(合気)が気になっているってことですよね。そんな人もやっぱりかかりやすいのです。

かからない人というのは、合気とかその存在も知らなければ、そんなものに全く興味がないし、対抗する意識もない方。無関心。こんな人に合気をかけるのは大変です。まずかからないでしょう。だから、この記事を読んでるあなたにはかかるでしょう。

ということは、道場とは、合気というものが、他の一般の人の集まりよりも格段にかかりやすい人が集まっているところなんです。

敏感に反応する=技がかかる

のです。

だから、道場から一歩出るとそれがかかりにくい、または全然かからない。という現象がでてくる。修行を重ねて精度が上がってくれば、その割合(技がかからない)が少なくなってきますよ。でも100%どんな人にも合気をかけれる人はほとんどいないと思います。無題

 

PS. マザーテレサ「愛の反対は憎しみではない無関心だ

 

 

PS. 合気が全くかからない場合があります。道場の稽古なら、かからなかったね~で済みますが道場以外ではそうはいきません。それじゃ護身術にもならないからです。なので氣とか合気に頼らない技の稽古もしっかりとやらなければならないのです。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中