草書って読めます?

私の母親は書道家です。なので私は小さいころから習字をやり(やらされ?)ました。おかげでなんとか免状等を書くことができているので、今では感謝しています。

その母がたまに展覧会に出品しています。自分の流派(母は自分の流派を主催しています)以外の展覧会にあえて出品して数々の賞を頂いているのです(スミマセン自慢に聞こえたらごめんなさい)。でも、とある有名な〇展はお金とコネで賞が取れます。よく芸能人が〇展入選とかテレビでやってるやつです。

その関係で私も色々な書展を見に行くのですが。そこで展示されている超一流の方が書いた書が・・・

ほとんど読めない

楷書なら読めるのですが、ス~チョンとかバ~ンとか草書と呼ばれるものは、なんて書いてあるかわからないのです。でもスゴイってことだけはわかります。素人が適当にかいたのとは明らかに違う。その迫力とか存在感とかでしょうか?

合氣道の技を一般の方が見る(演武会、これは身内が出ていないとなかなか足を運ぶ機会がないかもしれませんが、または映像とか)機会でその披露している技は書道でいうところの草書になります。

なにやってんの?

あんなの役に立つの?

って見えると思います。書道の草書と同じなんです。書道の草書もその草書が書ける人にしか読めません。その勉強をしたことない人には全く読めない。

実際にそのままでは使えないってことになります。

実は・・私の場合も母から手紙をもらうと・・・ほとんど読めません。975783dd6a167bc1eacc57c20468e55f

 

PS.いきなり草書から習い始めても意味がないですよね。基本の楷書ができてそれから行書。で次に草書です。

PPS. パソコンの文字変換でなぜ草書がないのでしょうか?・・・

PPPS. 合氣道の稽古も楷書に当たる稽古をしっかり積んで次が行書、それから草書を稽古します。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中