あなたは知っていましたか?

無題2011世界フィギュアスケート選手権での話

この大会では、ロシアのプーチン首相(当時)が 東日本大震災に被災した日本への連帯感を示すことを表明し、

開会式では、白いリンクに大きな日の丸が映し出され、 参加国の民族衣装を着たスケーターが連帯を示して黙祷するなど、 様々なセレモニーが行われました。

会場では日本に向けてのメッセージ 「日本に捧げる詩」が披露されました。

そして閉会時のフィナーレでは、 再び白いリンクに日の丸が映し出され、その中心に立つ3人の日本選手たち を他国の選手たちが囲んで輪になって回り、

日本を励ますパフォーマンスをしてくれたのです。

またロシアは大会の開始時間についても、 きっと自国開催を楽しみにしていたであろう日本が、 震災で苦しむ中でも、

 

テレビで生中継を楽しめることができるようにと、 わざわざ時差を逆算して日本のゴールデンタイムの時間帯に 合わせてくれたのだそうです。

 

しかし、日本での独占放映権を持っていたフジテレビは、 これらのセレモニーを放映の際に全てカットし、代わりに 韓国のキム・ヨナ特集を差し挟む編集を行いました。

 

このような映像は、一人の日本人としてとても心温まる映像ですし、 励まされ、感謝の気持ちを強くする映像です。

しかし何故か、フジテレビは韓国のキムヨナ特集を わざわざその時間に放送しました。

結果的に大多数の国民が、このような温かい励ましのメッセージを 受け取ることができませんでした。

 

ロシアと日本が仲良くなると誰かが困るのでしょうか?

 

それとも、ただただ日本を貶めたいだけなのでしょうか?

問題は日本のメディアが、 日本のためになる情報を、制限していた。 という事じゃないでしょうか。

マスコミはどこかに牛耳られているのでしょうか?

もし、大切な情報を伝えなかったとしたら、 あるいは事実をある方向にミスリードするような伝え方をしていたら、、

それは、われわれに対する、大きな裏切りだと思いませんか?

朝日新聞が、慰安婦問題の誤報を発表した歴史的な日を機に 何百万人、何千万の人(もしかしたら、あなたも)が、 お金を払って、信頼していたメディアに裏切られたと感じました。

TVや新聞に書いてあることは本当だという常識は崩壊し、 たくさんのウソが暴かれ、、、そして、われわれは、現実に直面したのです。

つまり、われわれ日本を貶める敵が現実に存在して、 そしてその敵は時にあなたの信用しているメディア、団体の衣をかぶり… (あるいはカネを出し、裏で糸を引き)

都合の悪い情報は隠して、 何らかの意図を加えて情報をわれわれに伝え、、、

ある意味、洗脳しているということです

そしてそれはあらゆるメディア、マスコミだけでなく 学校や教育機関にも強く根をはっています・・・

 

このような状況で、われわれは本当にメディアを信用し続けていいんでしょうか?

 

あなたは日本のメディアの「報道の自由」が世界で何位か知っていますか? 国境なき記者団によれば、世界でトップ3に入る経済大国、日本の報道の自由は、、、

 

3位でもなく、

 

10位でもありません・・・

 

なんと、、、

 

59位です

 

そして日本の報道の自由は「問題な状態」と指定されています。 ちなみに日本より上位にいるのは、、、

・セルビア(NATOに空爆) ・モルドバ(ソ連から独立するも貧困過疎化でエイズや人身売買が問題に) ・ニジェール(4年前に軍がクーデター) ・パプアニューギニア(国民の過半数は1日2ドル未満で暮らす貧困層)

このような国です。 われわれは世界でトップの先進国であるにも関わらず、 貧困で困ってる国やクーデターがおきた国以下の 報道の自由しかない状態にいるのです・・・

つまりわれわれは情報が制限されていて、 おそらく情報操作されているという事じゃないでしょうか。

この手の話はたくさんありすぎて、 どれを出そうか迷ったくらいですが、 長くなりましたので今日はこのくらいにしておきます。

くり返しますが、 情報は自分から選択的に取りにいかないと、 ただ受動的に受けているだけでは、 簡単に操作されてしまいます。

フーヴァーレポートが 必ずしも中立だとは言いません。

しかし、あなたが今まで受け身の状態で 吸収してきた情報よりも、はるかに中立だし、 はるかに価値があると言えます。

なぜなら、フーヴァーレポートの情報は 「日本を強くするため」に発信しているからです。

ぜひ試しに購読してみてください。 http://www.prideandhistory.jp/uk/?email=a-kinoshita@mta.biglobe.ne.jp&s=12541&t=1

http://www.prideandhistory.jp/ ダイレクト出版株式会社

とても意義深い内容なのでダイレクト出版さんに許可を得て掲載しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中