ガッツポーズ

スポーツの試合で勝った人が、両手を挙げて喜んでるいわゆるガッツポーズ。周りに自分の勝利を誇示しています。tyokugo21縮小今までのキツイ練習が報われた!とかヤッターとかの感情ですね。

そもそもガッツポーズって?プロボクサーのガッツ石松さんがやったので「ガッツ ポーズ」になったんだとか。

格闘技の試合でもラウンド制の試合の場合、ラウンド終了後に審判にアピールするため手を挙げるように指導している指導者もいます。アピールです。

でも合氣道にはその考えがありません。そもそも試合しないし。そう突っ込まれるかもしれませんね。

例えば相手を投げた。喜んで手を挙げ小躍りしている。その背後から投げた相手が近づいてきて刃物で脇腹を刺す。なんじゃそれ!!スポーツじゃありえません。

でも試合以外なら投げた「やったー」って喜ぶようなシーンはありません。そもそも投げなきゃいけない状態です。なので合氣道では、ガッツポーズは存在しません。

 

PS. 勝っても決してガッツポーズしない競技もあります。競技と言いましたが、厳密には違うのかもしれません。相撲です。決してガッツポーズをしない。相手に失礼というのもあるのでしょう。なので美しい様式美が守られているように私は思えるのですが・・

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中