小指

わたしは、これで会社を辞めました。ってCMがありましたね。

そう小指は大事な指なんです(CMでは違う意味ですが・・・)。

武道においては小指は本当に大事です。相手を掴むときとか、拳を作って相手を突くとき、剣を持って相手を斬るときすべて小指が重要なんです。

小指で持っているといってもいい。

剣などは左手の小指をしっかり持っていないとぐらぐらでとても相手を斬るなんてことはできないのです。

なので昔、ヤクザ稼業の人が仕事でしくじると、小指を落としました。最初は左手の小指です。そう、この左手の小指が最も重要な指なんです。これを落とすということは、使いものにならないという意味でもあるんですね。

なので、あなたは武道をやるときに小指を意識してみてください。今よりも格段に上達することができることを保証しますよ。

PS. プロレスのカールゴッチは左手の小指が事故で欠損していた。もし小指があれがどんなにすごかったんだろう?

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中