勝ち

勝ちについて3種類あります。

  1. 争って勝つは勝ちの下(げ)なり、
  2. 策を用いて勝ちは勝ちの中(ちゅう)なり、
  3. 争わずに勝つは勝ちの上(じょう)なり

一般的には争って勝つ行為が勝ちと思われていますね。真正面からぶつかって勝利を得るのが美徳なようなイメージです。

でもこれは勝ちの中でも一番下のランクの勝ちになります。

策を用いて勝つ、そう作戦を考えて勝つやり方です。頭を使います。宮本武蔵が佐々木小次郎と巌流島で戦ったやり方です。武蔵は真正面から小次郎と戦ったら勝ち目がないと踏んだのでしょう。なので、時間に大幅に遅れるという策を用いたわけです。

争わずに勝つこれが勝ちの中でも最上のものです。争わないからまったく労力の消費もありません。勝ちの理想ですね。これは西洋からきたスポーツにはない考え方です。当事者双方が痛まずに解決する方法です。

 

さあ、あなたはどの勝ちを身に付けたいですか?

3.の勝ちを身に付けたい方は、合氣道を始めると身に付けることができますよ~

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中