組技

合氣道の稽古の代表的な方法が二人一組になってそれぞれが投げと受け(攻撃側)に分かれて稽古します。これを組技と言います。無題 waza

技はこの組技をやることで覚えていきます。ですから組技をやらずには技は覚えられないということです。最初はゆっくりした速さで攻撃してもらい、手の取り方、足の捌き、身体の捌きを覚えていきます。

技を覚えるための組技ですから当然勝ちや負けというものは存在しません

ここで勘違いして、かけられた技を途中で止めてみたり、転がるのを拒否したりしてはいけません。そんなことをしても何の役にも立たないからです。

以前私が習っていた道場では結構こういう人いましたね~。どうだオマエの技を阻止したぞ!ってか。アホらしい。決まった想定で稽古してんですから止めようと思えば誰でもかけてきた技は止めることができます。

たくさん投げましょう。それと同じ量、転がりましょう。そうすれば間違いなくホンモノの技が身に付きますよ。

稽古は楽しくやりましょうね。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中