あなたは信じられますか?⑧

木下が近藤孝洋先生を知るきっかけは? 保江邦夫先生、炭粉良三先生の本で近藤先生のことを取り上げていたことがきっかけです。

初めて近藤先生に教えを受けた時はどんなかんじだったか? 木刀で木刀をたたく稽古。近藤先生にはすべて打たれ、またすべての攻撃をかわされた。

身体が動いてから動く。気が動いてから動く 両方とも事後処理である。事前処理でできるようになると次元が違う動きができるようになる。

この術理は、他の様々な武道、武術に応用が可能です。ほかでこの内容を教えているところは恐らくない。

もしこの術理ができている先生がいたとしても、弟子たちには教えていないはず。なので、その術理を会得したならば、あなたは自分の道場でダントツの実力者になれる。

治療について具合が悪くてふらふらしてきた人でも、その症状を改善してもらえる・・・等

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中