〇〇道ってたくさんありますが・・

日本人は〇〇道(どう)って
好きですね。

もちろん武道もそうです。

合氣道、
柔道、
空手道、
弓道、
居合道
・・・挙げたらキリがありません。

 


そもそも「道」って何?

 

いつから使われ始めたの?

 

時代劇なんか見ていると
剣道道場は出てきません。

剣術道場は出てきます。

〇〇道とは、
明治以降出てきた呼び名です。

 

それまでは〇〇術です。

 

合氣道に関しても、
合気柔術と名乗っていたようです。

 

なぜ「道」に?

 

教育的にその方が
やり易かったのでは
ないでしょうか?

 

術というと意味が
狭いような印象です。

 

「道」というと
なんだか長くて遠い感じが
しませんか?

 

やってることは
同じでもネーミングで大きく
違うイメージを与えることが
できますね。

 

なので
これから新しいネーミングの
武道が生まれるかもしれません

 

・・・

 

無理かな~。

やっぱり「道」というのがいいですね。

「道」は「 辶 」と「首」です。
「 辶 」=すすむ。
「首」=命がけ、

なので「道」とは
命がけですすむです。

 

それが「道」の本来の姿ですよ。

 

あなたは自分の行ってる
「〇〇道」があったなら
命がけでやってますか?

 

趣味には「道」はつけては
いけないのかもしれません。

 

といいながら

当会でもそんな高い意識で
合氣道している人は

 

・・・いないでしょう。

 

でも「道」の意味は
知っておいた方がいいでしょうね。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中