合氣道は受身の武道!?

合氣道のイメージは
一般的には自ら攻撃などしない

攻撃がきたときは
その対処をする

いわゆる

 

”受身の武道”

 

と思われがちです。
もちろん基本的には
そのとおりで
間違いありません。

 

でも
受身の武道というと

何か消極的で
相手が攻撃してこないと
技ができないみたいな
かんじじゃありませんか?

 

合氣道の本質は
そうではありません。

実は超積極的な武道なんです。

普通の人は、目に見える身体を
見て判断しますが、

合氣道を稽古していると
その身体を動かしている

 

「心」

 

を先に使います。

それも相手の身体が動く前です。
自分が消極的だとこの
「心」使いはできません。

 

合氣道の初級・中級レベルでは
ここの稽古を重点的に行います。

 

これを「氣」といっていますが、

 

上級になると、
その更に先

 

・・・・

 

「神(しん)」

 

までレベルを上げます。

このレベルの稽古は
普通の合気道の道場では
絶対に行っていません。

 

あなたが
目に見えない世界を肯定的に
考えられるなら
ここまでのレベルまで
行くことができます。

 

でも目に見える現実世界のみで
生きている人は
一生到達できないものです。

 

こういう探究は面白いですよ~

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中