いつが最適!?

合氣道を習いに来ている方たちは
マジメな方が多いようです。

武道ですから当然そうなのかもしれません。

 

追及していくんです。

 

こうればもっと良くなる。

ああやればもっとうまくなれる。

 

と試行錯誤しながら
稽古に励みます。
そして
そのとおり上達していくわけです。
でも

・・・・いつが終着点でしょうか?

 

完璧になるには、どのくらい時間が
かかるんでしょうか?

 

先に結論を言います。

 

完璧になるには?
・・・・
人間は完璧になんかなれません。

なので終着点はないのです。

 

 

 

間違ってはいけないのはだから稽古に意味がない
ではないんです。
稽古すればするほど際限なく上達できる
ってことなんです。

 

苦しいことなら
辛いでしょう。

 

でも楽しいことが
際限なく続くんですよ。

夏休み
そう考えると
稽古がすごく楽しみで
しかも楽しくなります。

成長し続けることができる。

 

 

合氣道眞伝会では
審査を定期的に実施しています。

その審査を前にして、

 

いや、私はまだその段階ではありません

 

先輩なんかみていると、とても私なんか、まだまだです。

 

と言う方がいます。
ハッキリ言います。
そのとおりです。

 

あなたは、まだまだです。と なので審査にチャレンジするのです。

 

 

完璧になってから審査をと考えていたら
一生、審査の日は
きません。

 

 

あなたのステージを
1つ上げるために
審査を受けるのです。

審査に合格するということは

その段階が
完璧にできるようになった
という意味ではなく

その段階のスタートラインに
立てる資格を得た
ということなんです。
それで
そのステージのスタートラインに
立ってから更に磨くんです。

 

 

みんなそうしてきました。
もちろん私もです。

徐々にできるように
なっていくんです。

 

さあ楽しんで
ワクワクして
審査にチャレンジしましょうね。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中