限度と常識

7月に演武会をしたとき
色んな方たちに見に来てもらいました。

cropped-e7a4bc.jpg

ありがとうございます。

その中には
他の団体の合氣道関係者の方も
いました。

その会の創始者(故人)は
とても有名な方で合氣道を
やっている人なら
誰でも知っているような方です。

その本部道場に通っていた方
が私に

 

「こちらは柔らかい合氣道なんですね」

 

って話しかけてきました。

 

「見てのとおりですが、
そちらの演武会は
どんなかんじなんですか?」

 

と尋ねると

 

「〇〇館では演武会で
毎年、必ず何名かは骨折します」

って

 

「えっ、演武会ですよね」

 

 

「ええ演武会でです」

 

 

・・・・・

 

 

信じられない

っていうのが私の感想です。

 

骨折するほどの技が

ってことじゃなくて、
仲間内でやる演武会で骨折

ってことがです。

 

 

それって楽しいのかな?

 

たかだか合氣道の演武ですよ。

 

たがだかです。

 

そんなもんで骨折してたら
割に合わないでしょ。

 

もしそれを喜んでやっているとしたら・

 

・・・

 

とっても変。

 

怪我をしないもそうだけど、
怪我をさせない方がもっと大事ですね。

 

外で見知らぬ暴漢が
襲ってきたわけじゃないんだから・・・

 

 

もちろん当会の演武会では
骨折はおろか捻挫、擦り傷、
かすり傷さえ負った人はいません!!

 

でもこれ当会では当たりまえのこと。

 

楽しく稽古しましょうね(^.^)/~~~

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中