合氣道の攻撃って投げるだけなの?

合氣道をやっている
イメージとしては

飛びかかってきた相手を
投げる
って思っている人が
多いでしょうね。

そのとおり合氣道の稽古では
相手を投げる稽古がメインです。
もしかしたら
合氣道を習っているあなたも
合氣道は投げ技しかない
って思っているかも
・・・・
実はそうではありません。
通常の稽古ではやっていませんが
特別講習会では教えている
ものがあります。
それは

・・・・打撃です。

えっ合氣道って人を
殴ったっりするの!?
ってビックリする人もいるでしょう。

打撃のことを古くは

「当身(あてみ)」

と言っていました。
正しい当身を習得すると
ホントに一撃で相手は
倒れてしまいます。

特に合氣道家の打撃は強烈です。

無題atemi

その理由は、
攻撃を受ける側に
その攻撃(合氣道家が打撃をする)に対する
認識が0に近いというか
0だからです。
決して空手やボクシングを
やっている人より
強い打撃が打てる

とはいいませんが、
意表をつかれた攻撃が
一番効くんです。
なので武術として
合氣道をとらえて考えている人は
当身の習得は必須です。
あなたもその打撃が
どういうものか知りたければ
講習会に参加してみるのも
いいかもしれません。

※現在、講習会は合氣道眞伝会の会員のみ参加できます。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中