武道と格闘技は違うの?

無題

腕立て伏せ、ベンチプレス、スクワット、
腹筋、サーキットトレーニング・・・

 

あなたは武道に対して
このように思っていませんか?

 

徹底的にやってまず身体を鍛えます。
そうしなければ技が効かない・・・

 

これ間違ってますよ~

 

武道、武術は格闘技ではありません。

格闘技とは格闘する技術を
競い合うスポーツです。

なので同じ技なら
スピードが速くて
腕力がある方が勝ちます。

これは格闘技の理論です。

 

弱肉強食

 

でも武道、武術は違います。
そもそも武道、武術は、
相手が自分よりも腕力も強いし速さもある
こんな相手と対峙して

 

いかに自分が傷つくことなく
その場を乗り切れるか

 

ということを考えます。

 

武士道とは死ぬことと見つけたり

普通この解釈は
間違って伝えられてるかも・・・

 

死んじゃダメ。

 

死ぬことに努力はいりません。
生きることに意味があるんです。

 

なので武道、武術は
死への道ではなくて

生きる道なんですよ。

 

争って勝ちは、勝ちの下(げ)なり、
策を用いて勝ちは、勝ちの中(ちゅう)なり
争わずして勝ちは、勝ちの上(じょう)なり

 

武道、武術は、
何としても自分は傷つかず
生きなくちゃいけません。

それから余裕があれば
相手も最小限のダメージで
争いが終わらなくっちゃいけません。

 

それが
本当の武道、武術が
目指すべき姿です(^_-)-☆

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中