合氣道の「氣」の字は「気」じゃダメなの?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

合氣道眞伝会では
「合道」ではなく

「合道」を使っています。

旧字の方がかっこいいから
「氣」を使ってる?

それもあります(^^)/が
本当も意味は、
「気」という字は

「气」の中が「メ」になっていますね。
これは「〆る」という意味です。

それに対して
「氣」という字の中は
「米」になっています。

これは日本人は昔から
米を食べていたから・・・

じゃありませんよ(*_*)

本当の意味は

★★★★★★★★★★★★★★

「气」から四方八方に
エネルギーがほとばしり出ている
ことを表現しています。

★★★★★★★★★★★★★★

なので
その意味からすると
「〆」じゃいけません。

これでは「气」のエネルギーを
閉じ込めちゃってますね。

 

なので当会では
合気道ではなく
合氣道にしています。

 

生きている人からは
エネルギーが出ています。

そのエネルギーは目に見えません。
でも身体を通して
そのエネルギーを
確認することができます。

そのチカラは
自分の想像をはるかに超えた
すごいチカラを秘めています。

これは可能性を
いっているわけでは
ありませんよ。

身体を通して
すぐに発揮できるように
なっています。

そのチカラを
投げ技という形を通して
実感できるのが合氣道です。

 

追伸
少し前、子供クラスの小学生が
学校の漢字テストで
「げんき」
を漢字で書けという
問題が出たそうです。

「元氣」

と書いて提出したところ
先生から

×(バツ)

をもらってしまいました。

う~ん先生分かってないな~
残念(*_*)

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中