合氣道で行う「昇級・昇段審査」の意味って?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

当会では、定期昇級審査
年3回(3月・6月・11月)実施しています。

級の審査は自分が所属している
道場で行います。

審査の受験者は出席日数や
技の習熟度を判断して決定しています。

なので自分で
「私は受験するにふさわしいです」
なんてのはありませんよ(‘_’)

合氣道の技は
ただ相手を倒せばよいという
わけではありません。

その技の持つ意味を充分理解して
技を行っているかをみます。

強引にたたきつけるような技を
してはいけません。

それは

力=筋力

に頼った技だからです。
そう言うと力自慢の方からは
不満が出そうですが、

そもそも力づくで投げることが
できる場合の相手とは?

自分より相手の方が
力の弱い場合のみですよね。

それならば技なんて要りません。

しっかりと技を稽古し続ければ
(技を練るとも言います)、

力に頼らずとも技ができるようになります。

そうでなければ
本当の合氣道ではありません。

試合も必要ありません。
試合とは技を出し合い
相手を倒すものです。

合氣道は技を出し合ったり
しないんですよ。

必要なとき必要な対処をするのが
合氣道です。

対処=技ではない場合もあります。

★★★★★★★★★★★★★★★★

最善の判断を瞬時にできるように
なるのが合氣道です。

★★★★★★★★★★★★★★★★

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中