あなたの身体で一番大事なところは?

19744018068_8de1c1c785_kそりゃお顔でしょ。

ってことに普通はなります。
そのとおりではあります。

人体では首から上は
非常に大事です。

他の箇所がそうではない
ということではありませんが、

特に首から上は大事ですね。

そこで首から上について
前(顔)、後ろ(後頭部)、
横(側頭部)、上(頭頂部)と
四つに分けて考えます。

強い衝撃を受けてはいけないのは

・・・・

もちろんお顔?

残念違います。
一番強い衝撃を受けてはいけないのは、

後ろの後頭部

です。
スポーツで考えてみます。
ルールに基づいて競い合うボクシング。
手にグローブをはめて上半身を叩きます。

上半身のどこを叩いてもいいか
と言うとそうではありません。

背面はダメです。
前の顔はいくら叩いてもいいのですが、

後頭部はダメですね。

それは言うまでもなく
後頭部を叩くと
致命的なダメージを
負ってしまうからです。

他の競技スポーツや格闘技に
おいても同様です。

後頭部を攻撃していいものは
ありません。

合氣道の投げ技の特徴は
投げた時に背中から転がるものが多いです。

コロンって感じです。

稽古中は怪我をすることは、
ほぼありません。

その理由は、
まず床にあります。

当会ではすべての道場に
柔らかいマットを敷いています。

それから
投げ技の稽古の前に
必ず転がり方を学びます

この技はこういう原理で投げてます。
それで転がる方向はコッチですから
コッチの膝ついて
この方向に転がってくださいね♡

ってかんじです。

相手に怪我をさせるのは簡単です。

でも
合氣道眞伝会では
そのような目的で稽古していません。

なので
相手を痛めつけたい方には
向かないのです。

では護身術としてはどうなのか?

心配いりませんよ。

あなたが合氣道の技を
使わなくてはならないような
状況のとき、

床には柔らかいマットは
敷いていないハズです。

それから暴漢を投げるときに
投げの説明は要りませんね。

そのまま投げてください。

受身の知らない人を
固いコンクリートの上で投げれば
一発で失神します。

ただ仲間同志の稽古中は

怪我をさせない、

また

怪我をしない

が大前提です。

明るく楽しく
稽古していきましょうね(^_-)-☆

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中