合氣道は受けの武道なのか?

19923017621_02ca919e07_o25合氣道の稽古は攻撃する側と
それを投げる側に
役割を決めて稽古します。

なので合氣道は
受けの武道である
って思っている人が大勢います。

残念それは間違いです。

合氣道は超積極的武道です。
普通、人は相手の身体の動きを見て
それを対処します。

例えば
相手が突いてきたら
その突きに対処するみたいな。

合氣道も身体の動きだけを
みていると
そのように見えるでしょう。

人は身体を動かす前に
必ず心を動かします。

突きでも
相手を突いてやろう
って思ってから突いています。

この思いと言うのが
心の動きなんです。

 

どんな攻撃でも
必ず先に心が動きます。

その心を動きを
相手が身体を動かす前に
察知するのが
合氣道の技なんです。

なので
自分の心が消極的な受けの姿勢では
相手の心の動きなんか
絶対わかりません。

そういう意味で
合氣道は超積極的な武道なんです。

 

合氣道を上達するためには、
相手の心を知る前に
自分の心を知らなくてはいけません。

身体の密なるが心、心の粗なるが身体

と言われています。
心と身体を同時に鍛えていくわけですね。

合氣道の技を見るとき
演者の心の動きまで
見ていただければ幸いです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「第六回合氣道眞伝会 眞武道演武会」
平成28年7月10日 (日)
12時10分~15時00分

高津スポーツセンター2階 武道場
神奈川県川崎市高津区二子3−15−1

入場無料

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中