そういえば合氣道って「構え(かまえ)」とかってあるの?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

武術、武道には構え(かまえ)があります。
「鶴の構え」「虎の構え」・・・

では質問です。

あなたは合氣道には
どんな構えがあるか知っていますか?

・・・

答え、

合氣道(合氣道眞伝会には)には構えがない

です。

一つもありません。

ただ右足を出しているときを右半身、

左足を出しているときを左半身とは

言っています。

ただしこれも構えじゃありません。
手は普通にぶらんと下げたままだし、
腰を落としたりもしません。

ただ普通に立っている状態です。
そう普通に立っているだけ。
足の幅も普通です。
かかと同志が着いているわけでも
大股で立っているわけでもありません。

くどいようですが
普通に立っています

でも
実はこの状態が一番速く動けるのです

構えると次の動作に動くとき
その構えを解かなくてはいけません。

なので構えていない方が
速く動けるのです。

合氣道の稽古は
攻撃する側とその攻撃を対処する側とに
分かれて稽古します。

相手の攻撃が突きでも掴みかかってきても
構えていると
その対処が遅れます。

なので構えない方がいいんです。

でも武術、武道、格闘技に
構えがあるのはどういう意味があるの?

って思われたかもしれません。

それは向かい合った二人が
お互いに攻撃を考えている場合に
構えが必要になってくるのです。

なので
試合を行う競技武道や格闘技には
構えが必要になってきます。

合氣道眞伝会では試合を行っていません。
なので構えも必要ないのです(^_-)-☆

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「第六回合氣道眞伝会 眞武道演武会」
平成28年7月10日 (日)
12時10分~15時00分

高津スポーツセンター2階 武道場
神奈川県川崎市高津区二子3−15−1

入場無料

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中