合氣道の道着は色々あるの?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

合氣道では稽古するとき
稽古着を着用します。

柔道着のような上下に
帯の人もいれば、

上は柔道着の上のようですが
下が袴の人もいます。

また帯の色も
人によって色々違う色の帯を
締めています。

これはどういう意味?

って武道をやったことない人は
疑問に思うハズです。

説明しますね。
まず合氣道を始めた当初は
柔道着のような道着の上下に
白帯を締めます。

ちなみに昔は
道着の帯は白帯しかなかった
ようです。

ず~と白帯です。

あなたは小学校のとき
新学期に雑巾を3枚
持ってくるように

とか言われた記憶は
ありませんか?

母親が使い古しのタオルを
ミシンで縫ってくれて
それを学校に持って
行きましたよね。


夏休み後にはまた
雑巾3枚持ってくるように
言われて

・・・

新学期始まったときに
持って行った雑巾は
毎日の掃除で使っているので
真っ黒に・・・

武道の帯も昔は
このような感じです。

長く稽古している人の帯は
自然に汚れて黒くなっていました。

なので上級者の帯は
黒く見えたそうです。

 

今は違いますよ(*_*)

昇級審査を行って
課題に合格すると
帯の色が変わっていきます。

合氣道眞伝会では、
無級のときは白帯です。

9級に合格すると黄色帯、

8級に合格するとオレンジ帯、
7級は帯の変更はなくオレンジ帯のまま、

6級は青帯、5級は変更なし、

4級は紫帯、3級は変更なし、

2級は茶帯、1級は変更なし、

初段は黒帯、
それ以上の段は黒帯のまま
変更なしです。

これは合氣道眞伝会の級に対する
色帯ですから
他の流派や武道とは異なると思います。

級が変わっても帯の変更が
ない場合もあります。

1つずつ級が上がるたびに
帯を変更すると
それだけの色の違う帯を
用意する必要がありますが、

規格にそれだけの
色帯がありません。

なので変わらない場合も
あるわけです。

 

それから合氣道の道着姿の
象徴的なものに

「袴」

があります。

 

2級以上の人が
袴の着用が許されています。

例外的に中学生までは
2級以上でも袴は着用しなくても
いいことにしています。

単純にまだ背が伸びる
可能性があるからです。

ちなみに
袴が合氣道のすべての用品の中で
一番高価なものになります。

 

なので
合氣道の演武を見るときは
袴の姿の人は上級者なんだ
って思ってみてください。

きっとすばらしい演武を
みせてくれるでしょう。

ねっ♡
(上級者のみなさんにエールを送りました)

追伸
黒帯になると帯に
金線が入ります。

初段は1本、弐段は2本という
かんじです。

先月昇段審査で
参段に合格したケストラーさんの
帯で出来上がりました。

カッコいいですぅ
IMG_1032 20ちなみにすべての免状は
私(木下)が独りで
書いています(^_-)-☆

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「第六回合氣道眞伝会 眞武道演武会」
平成28年7月10日 (日)
12時10分~15時00分

高津スポーツセンター2階 武道場
神奈川県川崎市高津区二子3−15−1

入場無料

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中