心はどうやって鍛えるのか(実践編)

28396037966_ba13d24478_k100あなたに心の正しい置き場所は
昨日お話しましたね。

今日は心の鍛え方のお話をします。

身体をいくら激しく厳しく鍛えても
心は一切鍛えたことにならないことは
オリンピック選手のドーピング問題で
お解りいただけたと思います。

さて
それではどうやって
心を鍛えればいいんでしょう?

 

それには心の存在を
正しく認識する必要があります。

心はどのくらいの大きさですか?

待って
その質問は変だよ。
だって心は目に見えないんだから
広さもないじゃん。

そう考えればそのとおりです。
でもこのように考えてください。

心の広さは宇宙と同じ

位大きいんだって。
宇宙の広さも人間には知覚できません。

なので、
あなたの心は宇宙と同じ広さだって
あなた自身が思えばそうなります。

それから突然ですが、

あなたは宇宙の中心です。

この大宇宙の中心があなたなんです。
考え方とかのはなしを
しているわけではありません。

現実のはなしをしています。

宇宙は無限の広さがある
ってことは
誰も異論を唱えないと思います。

その広さを表すには
球体で考えるといいですね。

球です。
球ですから半径がありますね。

無限の広さの宇宙の半径は無限である。

その

無限の半径で描いた
無限の球体が宇宙の広さ

を表している。
なのであなたから見て右側に
延々に続く球体の半径があります。

左側も同様です。

でも
その隣に私が立っていたとして
私から右側にも
延々に続く球体の半径があります。

あれ?

気が付きました?

あなたは宇宙の中心です。


その隣に立っている
私も実は宇宙の中心だったんです。

 

天上天下唯我独尊

ってお釈迦さまが言ったそうです。

この意味を
お釈迦さまが宇宙の中心である
って間違った解釈が
一般的になされています。

正しい解釈は

あなたも私もそれぞれが宇宙の中心ですよ

って意味なんです。

 

ここから心の鍛え方の話です。
あなたは心の正しい置き場所を
知っています。

臍下丹田ですね。

具体的には男性ならば
お〇ん〇んの根本になります。

中心ですから点ですね。

面積はありません。

その中心から

心の大きさ=宇宙の大きさ

まで自分の心の存在を
大きくしていきます。

ちょうど、しぼんだ風船を膨らまして
それがドンドン大きくなっていくように
意識します。

その風船の半径が
倍、2倍、4倍、16倍、32倍・・・

って拡大して膨らんでいきます。
決してその大きくなっていく
自分の意識を切ってはいけません。

その状態をキープすれば
あなたは盤石な状態になっています。

押されてもびくともしません。

 

次に逆の方法も覚えてください。
あなたが宇宙の中心であることは
変わりありません。

最初あなたは、
宇宙の果てにいます。

球体の円周上です。

その大宇宙の果てから
あなた自身の中心に向かって
その半径が縮まってきます。

球体がもの凄い勢いで
小さくなっているイメージです。

 

この2つの方法を交互に行います。

拡大していくと縮小していく

です。
これを何度も繰り返すわけです。

すると
あなたの心は盤石になります。

これが心の正しい鍛え方になります。
簡単ですから
是非実践してみてくださいね(^_-)-☆

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中