同じことを何回も・・・

28305188196_bade093280_kこんにちは

合氣道でいつでも前向き、
明るく楽しくなれる
道場をやっている
木下淳人(キノシタ アツヒト)です

 

今、各道場では昇級審査前の
稽古の真っ最中。

審査がある人は審査の稽古をしますが、
審査がない人は何を稽古してるの?

審査がない人は次の級や段の稽古をします。

なのでこの期間は集中的に
同じ技を繰り返し稽古することになります。

毎回同じ技の稽古です。

でも

それって飽きない?

って思われるかもしれませんね。
同じ技を繰り返すことに
意味があります。

 

繰り返し稽古することによって
上達する

 

ってことですね。

 

これは合氣道の技の稽古だけに
限ったことではありません。

他のスポーツでも勉強でも
同じことを繰り返してやれば上達します。

練り込み稽古ともいいます。

ただし効果のでない場合もあります。
それは技をやってる本人の真剣味が
足りないときです。

繰り返し稽古することによって
その効果が現れるのは
やってる本人が本当に上達する。
したいんだ
って気持ちが大切なんです。

その気持ちさえあれば
ドンドン上達しますね。

 

でも苦しくなっちゃいけません。

 

やればやるほど
楽しくなるように稽古しましょう。

 

それはあなたの心がけ次第。
完璧なんてありませんから
自分がもっと上手になりたい
ポイントを見つけます。

それは足の運び方かもしれませんし、
技に入るときのタイミングかもしれません。

いくらでも自分で
決めて稽古することができるんですよ。

それで
それができた時はうれしいでしょ。

こういう稽古を
楽しい稽古っていいますね。
さあ今日も楽しく稽古しましょう(^_-)-☆

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中