ズボンが・・・脱げそうだよ!?

28300501875_b64e044ca4_k60こんにちは

いつもハゲしい稽古を
している木下二郎です。
担当道場である日曜日の根岸道場
1120日に審査を無事終える事が出来ました。

皆、本当に良く出来ていました。
詳しくは会長執筆の欄をご覧下さい。

さて、今日の根岸道場
まずは稽古前恒例の鬼ごっこからスタート(^^♪
そして、稽古開始後、
免状授与式。
免状をもらったみんなは
ニコニコで満面の笑み。

この光景を見たら会長も
きっと喜んでくれると思います。

ちなみに免状は会長が11
手書きで心を込めて完成させています。

免状授与式が終わり
通常の稽古に入っていったのですが
柔軟体操後、

ふと見るとフウト君(小1)の
道着のズボンが
脱げかかっているではありませんか。
鬼ごっこがハゲしすぎたからでしょう(^-^)

フウト君、道着を正してから入っておいで

と言って、
他のみんなは受身を始めました。
ところがその間、
フウト君が一向に稽古に入って来ません。

何回か
「早くしなさい」

5分以内で出来ないと審査受けれないんだぞ」

と言ってもなかなか入って来ません。
というか、ズボンの紐を結ぶ事が出来ません。

いつも、自分で道着を着ているはずなのに
「おかしいなぁ」と思いつつ・・・。

フウト君を観察していると、
ある事に氣付きました。
上着を着て帯を結んだままの状態で
ズボンの紐を手探りで直そうと
していたのでした。

きっと、これが原因だな
と思ったので
フウト君に
「帯を解いて上着を脱いでやってみな」
と言ったら、
案の定、すぐにズボンの紐を結び道着を着て来ました。

そう、フウト君は大の恥ずかしがり屋さん。
みんなの前で上着を脱ぐ事を
ためらっていたのでしょう。

道着はズボンから穿きましょうね(^^♪

道着つながりでもう1つ。
アユタ君はフウト君と同じく
小学校1年生。

ただし、
ベテラン(^o^)/のフウト君とは違い、
この10月に入会したばかり。
まだ合格点はあげれませんが、
あと一歩で道着が正しく着れるところまで
来ている事がわかりました。

すばらしい事です。

これも親御さんと一緒に
日々稽古(道着を着る稽古)を積んで来た
成果だと思います。

眞伝会では道着を正しく着れなければ
審査を受験する事が出来ません。

5才から大人までこの基準は同じです。
小さければ小さいほど、
難易度が高いと言えます。

正しく着れるまでの期間に
個人差はありますが、
稽古(着る稽古)をすれば
必ず出来るようになります。

技も道着を着るのも一緒ですね。
アユタ君もきっともうすぐ出来る事でしょう。

そして、
フウト君もいずれ、
上着を着て帯を結んだままの状態でも
ズボンの紐を結び直す事が
出来るようになることでしょう(^_-)-☆

 一緒に成長していきましょう。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中