ただ歯を食いしばって耐えるのはもうやめにしましょう

28057050230_9201d5cf74_kこんにちは

合氣道でいつでも前向き、
明るく楽しくなれる
道場をやっている
木下淳人(きのした あつひと)です。

 

武道の修行というと

苦しい
辛い
痛い
・・・

それをひたすら我慢する。
そんなイメージがあるんじゃないでしょうか。

根性、根性また根性みたいな
・・
確かにそれでも強くなる事は可能です。
でもその辛い厳しい稽古に
耐えられる人って

ほんの一握り

だと思います。

武道とは
そもそも闘うことを目的と
したものではありません。

自分の身を守れれば、
それでいいのです。

もしあなたが相手の攻撃を
自分の体で受ける

例えば腹筋や大胸筋を
鍛えに鍛えて
相手の打撃に耐える体を作る。

それも重要だと思います。
でも極論でいうと
相手が刃物持ってきた場合
どうするんでしょうか?

鍛えに鍛え抜かれた
腹筋や大胸筋で
その刃物による攻撃を
跳ね返すことって
できるんでしょうか?

刃物で攻撃されることなんて
滅多にないだろうって。
もちろんその通りです。

武道の試合で刃物で
突き刺してくるなんて事はありません。

何でもありを謳っている
総合格闘技だって
刃物を持って攻撃したら
即追放でしょう。
というか警察の逮捕されますね。

試合は素手による攻撃が大前提です。

ただ世の中には
いろんな刃物がありまして、
それは世に流通しています。

なので
100%その刃物による
攻撃に合わないとは
言い切れないのです。

あなたが護身術を身に付けたい
と言うならば、
合氣道眞伝会の合氣道が向いています。

ちなみに合氣道眞伝会では
刃物による攻撃が
自分に向かってきた場合
どのように対処するか?

答え

その攻撃をかわします

まず相手の攻撃が
自分に触らなければいい
という考え方です。

とにかく徹底的に
相手の攻撃をかわす稽古をします。

あなたが、ただ歯を食いしばって
耐えるのが嫌だな

って思っているなら
是非、合氣道眞伝会に来てください。

お待ちしています。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中