倍増しました(^^♪

こんにちは

いつも元氣な
木下二郎です。
早いもので、つい先日
年が明けたばかりだと
思っていたら
もう3月ですね。

担当道場である
ららぽーと湘南平塚道場」では
うれしいニュースがひとつ。

1月に体験したKさん(小学6年生)が
正式にカルチャーに入会致しました。

これで中学1年生のS君とで
総勢2人となりました。

S君、Kさん、一緒に顔晴って行きましょう。
そうそう、
S君は1日道着デビュー。
いいね~、かっこいいね~

Kさんは稽古デビュー。
特に緊張した様子も無く、
S君との挨拶を済ませ、
すんなりと溶け込んで行きました。

いいね~

稽古冒頭、
言葉の使い方が
身体にどんな影響がでるかを
確認する稽古をしました。

やり方は簡単です。
是非あなたもやってみてくださいね。

二人組になって
一人が手を前に出します。

それで
その出した手には力を入れません。

自分の手を前に出して
落っこちない程度の
最低限の筋力しか使いません。

手を出している人の手を
もう一人が曲げます。

その手を曲げる直前に
手を出している人が、
悪い言葉を言ったり良い言葉を言います。

それで
すかさずもう一人がその手を曲げるのです。
もちろん手が曲がる方向に曲げます。

やってみるとわかりますが、
悪い言葉を言った後に
その手を曲げると

ヘナっ

と簡単に折れ曲がってしまいます。

ところが
良い言葉を言った後に
曲げると

その手は

鋼鉄の芯が入った
ようになり

ビクともしません。

何回も確認しますから、
次第に言う言葉がなくなってきます。

最初にやったS君が
悪い言葉がでなくなり、

後からやったKさんは
良い言葉が出なくなりました。

どちらが良いかというと、
当然S君。さすが兄弟子。

普通に考えれば
良い言葉の方だけを
やれば良さそうですが、

悪い言葉の方もやります。
あえて悪い言葉を使うことにより、
良い言葉を使う重要さを
確認できるのです。

ですから本来悪い言葉は
ひとつも出て来なくても良い訳です。

反対に良い言葉は
スラスラとたくさん出てくると
良いですね。

Kさんもスグにそうなれますよ。

稽古する時間は
1週間で1時間ですが、

稽古している時間以外の
過ごし方が重要です。

日常生活でも
よく自分の発する言葉に
気を付けていきましょうね(^_-)-☆

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中