根岸道場『定期昇級審査』平成29年3月19日(日)

こんにちは

合氣道でいつでも前向き、
明るく楽しくなれる
道場をやっている
木下淳人(きのした あつひと)です

3月19日(日)根岸道場
定期昇級審査を実施しました。

受験者2名
アユタくんは初めての受験です。
お父さん、お母さん、それから弟も
応援に駆け付けてくれました。

アユタくん、帯もズボンの紐も
自分でしっかり結べるように
なりましたね。

合氣道眞伝会では、
自分で帯、ズボンの紐(リボン結び)を
正確に結ぶことができないと
いくら技ができていても
審査は受験できません。

ちょっと厳しいんじゃない
って声も聞こえてきそうですが、
この条件は絶対なんです。

いつか結べるようになるでしょうって
・・・そんなことはありません。

結べるようになる
って決めて練習しないと
できるようにはならないんです。

だいだい結べてるって
程度ではアウトです。

正確にできていなければいけません。

アユタくん審査
とにかく一所懸命にやりました。

ただひたすらやるのみ
ってかんじです。

それが大事。

技も大きくのびのびと
繰り出すことができましたね。

アユタくん9級合格です。
おめでとう(^_-)-☆

コタロウくんは7級受験です。
8級と7級審査で行う項目は
全く同じです。

でも同じようにできればいいじゃ
不合格になります。

同じ技でも精度が求められます。
切り変えるところや目線など、
ただ技をやるだけではなく、

そのほかの動き(氣や身体)も
正確に丁寧にしかも素早く
行わなければいけません。

コタロウくん7級合格です。
おめでとう。

それから合氣道は一人ではできません。
審査の対象者は投げだけですが、
攻撃(受けといいます)する人が
必ず必要です。

アユタくんの受けをハルクくん、

コタロウくんの受けをフウトくん

がやってくれました。
二人ともしっかりした攻撃が
できていました。

合氣道の審査の時の
投げの出来は

攻撃側にある

といっても過言ではありません。
二人の攻撃は
とてもよかったですね。
ありがとう。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中