右から立つか?左から立つか?立ち上がるときは・・・

こんにちは

合氣道でいつでも前向き、
明るく楽しくなれる
道場をやっている
木下淳人(きのした あつひと)です。

あなたは静坐(正座と書くのは普通ですが
合氣道眞伝会ではこの字を当てています)から
立ち上がるとき

どっちの足から立てていますか?

んなもん
どっちでもいいじゃん。
立ちやすい足から立ててるよ

・・・

まあどっちでもいいんですけど、
合氣道眞伝会の作法としては

右足から膝を立てて立ち上がる

のが正解です。

その理由は
武士が刀を帯刀していたときの名残です。
刀は左の腰に差しますね。

なので坐った時も刀は自分の左側にあるわけです。
もちろんかといって左足からも
立ち上がることはできます。

でもそうしたとき
前から突然自分に襲い掛かられたとき、
左足から立ち上がってしまうと
自分の左ひざが邪魔になり
その刀を使うことができませんね。

なので立ち上がる時は
右足から立ち上がるんです。

座る時も同じ理由で
左ひざを付けてから座ります。

様式美といわれるものがありますが
それぞれに理由があるんですよ(^_-)-☆

演武会ではそんなところも
気を付けておきましょうね。

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中