本番で自分の最高の能力を発揮するには!?

こんにちは

合氣道でいつでも前向き、
明るく楽しくなれる
道場をやっている
木下淳人(きのした あつひと)です。

普段の練習では1回も勝てなかったのに
運動会本番で100メートル走で1位になった
その方法とは?

運動会と言えば私の時代(40年以上前の話ですが)
秋と言うのが定番でした。

でも最近では春に運動会を実施するとこも
結構あるようですね。

その中でも運動会と言えば
やはり徒競走が花形ではないでしょうか。

その徒競走(100メートル走)で
練習ではいつも勝てなかった相手に
本番で勝つ方法(実証済み)。

小学校あたりの徒競走だと事前に100メートル走のタイムを計り
同じ位のタイムの人同士で同じ組になって競い合うようです。

その中で、ある方法を使ったその子は
他の子に2、3メートルほど引き離して
ダントツで優勝しました。

その子は自分が緊張してるってわかったので
自分の走る順番になるまで、

ずっと

呼吸法

をやっていたんです。
それで落ち着いた状態になって
自分のチカラを最大限に発揮できたわけです。

通常の練習だと皆同じ位のタイムですからあまり大差ありません。
ただ本番は特殊な状況ですね。

観客の数が・・・普段とは全く違います。
お父さんお母さんはもちろん
おじちゃんおばちゃんや兄弟など

それで100メートル走ですから、
注目されるわけです。

緊張感が高まり、出走前はその緊張がピークに達しています。
緊張している時って
自分のチカラを最大限発揮することはなかなか難しい。

それを

呼吸法を行うことによって
心の平常心を保ち自分のチカラを
最大源に発揮できる状態にしたわけです。

それで緊張でバクバクになってる子と
落ち着いてリラックスして平常心で走る子

もともとの運動能力にはほとんど差がないハズです。
ところが心を安定させることによって
自分の能力を最大限に発揮した結果ですね。

やったね源氣。(私の息子の話でした)

私も相当な親バカですね(*_*)

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中