たまわりしひ=賜わりし霊(ひ)=魂(たましい)

こんにちは

合氣道でいつでも前向き、
明るく楽しくなれる
道場をやっている
木下淳人(きのした あつひと)です。

 

関節技や締め技など
人を痛めつける技だけを習いたいなら
合氣道でなくても
他の武道や格闘技の方がいいでしょうね。

合氣道とは他の武道や格闘技と何が違うのか?

合氣道の開祖植芝盛平の技の形は
武田惣角から習った大東流です。

でも
それだけでは弱かったと藤平光一は著書で暴露しています。

植芝先生が真の武術に開眼したのは
大本教で出口王仁三郎から学んでからですね。

 

たまわりしひ=賜わりし霊(ひ)=魂(たましい)

 

天帝からの分け御霊(みたま)だというのです。
天帝とは?

古事記では「天之御中主」(アメノミナカヌシ)の大神を
日本書紀では「国常立」(クニトコタチ)の大神を意味します。

そう
この存在と意味を知ってから
植芝先生は開眼されたハズなんです。

正直告白すると私も知りませんでした。
出口光さんという方のブログで知りました。

出口・・・まさかそうです。

あの出口王仁三郎を曾祖父に持つ。
大切な教えありがとございます。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中