つかみかかってきても、ナイフを持って斬りかかってきても・・・大丈夫!?になりたい(-。-)y-゜゜゜

7月19日(水)センター南道場 
肩取り二教
をやりました。

二教(にきょう)?

準備体操でもやりますが
手首を持って下から上にあげて
手首を柔らかくする体操です。

これを相手の人の手でやると
即技になります。

合氣道では準備体操を行いますが、
立って行う体操はほぼすべて
相手にかけるとそのまま技になります。

なので独りで行う体操ですが
別名独り技とも言います。

肩取り二教は相手がこちらの
胸倉をつかんできたとき
その手を払い返して
二教に極めるという技です。

動作はことばで説明するより
映像で見た方がわかりやすいですね。
動きを知りたいなぁと
思ったあなたはコチラを➡クリックしてください。

審査の項目で3級(紫帯)になるときに行う技です。
見た目は地味ですが、
派手な技より数段効きます
・・・
痛いです。

慣れてくれば
技が極まると一瞬で相手が落ちていきます。

なのでくれぐれも悪用厳禁でお願いします。

それから短刀取りも行いましたね。
短刀取りとは
相手が短刀(ナイフ、包丁のような長さの刃物)を
持って攻撃してきた場合の対処方法を学びます。

今日は横面打ち呼吸投げ切り返しという
シブイ技をやりました。

相手が刃物で自分の顔面を
斜め上から斬りかかってきます。

その刃物を一瞬に取り上げる技です。

短刀といってももちろん本物ではありません。
木製のものです。
ですが樫でできているので
やり損なうとそこそこ痛いです(*_*)

この短刀取りのような稽古は
一般的に他の武道では行いません。

合氣道ではこのような武器を使用して
攻撃してくる相手の制止方を学ぶことができるのです。

しかも楽しくね(^◇^)

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中