居合の達人、名人は・・・オカマを掘る!?

居合とは

静止状態から無時間で自己最高速度に到達させる術法である

・・・

過去の名人、達人の逸話には
「いつ抜いたかわからないッ」
「いつ斬ったのかもわからないッ」
「一瞬、刃風の音がしたと思ったら、もう相手の首が落ちていた」

現代において既に居合術は失伝してしまった・・・

スポーツでは野球のピッチャーの投げる球が
170キロって速いと思いますが、
速い球を投げる投球モーションは2秒かかる。

2秒あれば相当数の攻撃を受けてしまいます。
以前プロボクサーの長谷川穂積選手が
1秒に7発打てるって言ってて
それをテレビで検証していましたが、

確かに1秒間に7発打っていました。
2秒なら14発ってことになります。

ボッコボコですね。

スポーツの加速の技法は
居合には使えないってことになります。

オカマ 

いや

自動車の追突事故のことを
オカマを掘るっていいますね。

これ停車中の車に後ろから
最高時速の車が追突したら

・・・

停車中の前の車はスッ飛びます。
これを抜刀のときに使えばいいんです。

居合の達人、名人の動きが再現できますゾ

なんのこっちゃ(*_*)

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中