本当の意味ですべてを受け入れるとは、こういうことではないだろうか?

映画監督の大林宣彦さんが昨年8月病院の検査で
余命3ケ月のガン宣告(ステージ4)を受けた時の感想。

良かった~

だって
表現者はすべてを受け入れるものなので
ガン宣告余命3ケ月という事実を知らされても

良かった~

すごいね。
普通ならガンと闘うとかまた逆に悲観するとか
のどちらかとは思うけど

良かった~なんて選択はないね。

すごい。


それが1年前の話、
今はなんとガンが治って
余命不明だっていってたよ。

自分が闘うと思って接すると相手も闘うになるでしょ。
自分が悲観してたら、状況はさらに悪くなるね。

良かった~

って本気で思われたら
状況は良くなるしかないかもしれない(^_-)-☆

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中