合氣道は護身術専門の武道なの?


そのような認識をしている人が多いと思います。

なぜ?

たぶん合氣道で行っている技の名前が
そのような印象を与えるのだと思います。

一般的にどんな武道でも格闘技でも技があり
それぞれその技の名前が付いています。

例えば柔道なら背負い投げ、大外刈り、送り襟締め・・・
空手なら、上段回し蹴り、中段突き・・・

色々な技の形ですが、その名称の意味は共通しています。
それは、技の名前は技をかける人の行為がそのまま技になっていることです。

柔道の背負い投げは自分が相手を背負って投げるので背負い投げ。
大外刈りは相手の足を自分の足で外から刈るので大外刈り。

空手は相手の上段(頭部)を自分の足を回して蹴るの上段回し蹴り、
相手の中段(腹部)を自分の拳で突くので中段突き・・・など、

これに対して合氣道の技は、胸突き小手返しという技がありますが、
これは胸を突く行為は自分ではなく相手の攻撃なんです。
その攻撃をかわして手を取って手首を極めて投げる技です。

横面打ち四方投げという技で横面打ちをするのは相手の攻撃です。
この攻撃をかわして相手の手を折り曲げて投げます。

合氣道の技は、

(相手の攻撃方法+自分の対処方法)が1つの技の名称

になっています。
なので合氣道の技を行う際は必ず相手の攻撃が最初に必要になってくるのです。
このことから合氣道は護身術専門の武道という
認識が生まれたのだと思います(^_-)-☆

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中