「氣」のエネルギーを補給するためには人里離れた大自然に行く必要がある!?


合氣道を学ぶ上で「氣」は欠かせません。
そもそも「氣」のないものは合氣道とは言いません。

世には合氣道を名乗りながら「氣」がない体術を教えている道場が
非常に多いのは嘆かわしいことでございます。

さてその「氣」のエネルギーですが
補充するためには人里離れた大自然に行く必要があるのか?
ということです。

そもそも「氣」を補充するということですが、
補充しなくてはいけないという考え方はどこから来るのかといいますと
「氣」を使うと減るという考え方から来ています。
減ったら補充しなきゃいけないですね。

なので大自然の氣を取りいえるために・・・

色々な考え方があっていいと思います。
合氣道眞伝会ではそのようには考えていません。

「氣」は減らない

と考えます。
人から出ている「氣」は大宇宙から降り注いできている「氣」が
身体を通して出ていると考えます。

なので人が生きている限り「氣」は出続けています。
ことさらどっかに行って補充する必要もございません。

「氣」は無限でございます。

どんな人からでも「氣」は出ています。
ただし普通その出方は拡散していますからチカラがありません。

「氣」は集中したときにそのチカラは発揮します。

太陽の光を浴びて燃える人はいません。
でも虫メガネを通して光を集中させれば
その光が当たっている場所は非常に高温になり
紙などがあれば燃えてしまいますね。

「氣」のチカラも同様です。
それを武術として表現しているのが合氣道でございます。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中