定期昇級審査「日吉道場」

12月7日(木)定期昇級審査最終日「日吉道場」各道場で行っていました定期昇級審査ですが、本日最終日です。9級受験、リュウザブロウくん初めての受験です。緊張の面持ちで審査開始。うっかり間合いを取るのを忘れていましたが、他はよくできていました。リュウザブロウくんのお父さんと二人のお兄ちゃんも合氣道をやっていました。

8級受験イッペイくん、たくさんの技をよく覚えましたね。イッペイくんもうっかり間合いを取るのを忘れていました。合氣道は投げて終わりじゃありません。合氣道には試合という概念がないので、いくらキレイに投げてもその相手がまた反撃してくるかもしれないので、投げ終わったら即相手からの距離を取るのです。これを間合いと言います。

サガラさんは5級受験でした。中学生で部活も忙しいようですが稽古を欠かしません。キレッキレの技を披露してくれました。

4級はタナベさん、タナベさんも中学生、さすが何回も審査を受験しているベテランです。しっかり落ち着いて間合いを取っていましたね。

 

キツイことはしたくない、なのに強くなりたい!?

武道、武術の稽古はキツイに決まっています。肉体の限界まで鍛えて初めてその強さが身に付くもんです。そんなの当たりまえのこと。それをキツイことしたくない、
なのに強くなりたい!?そんなモンどこにあるんじゃい!あったら教えて欲しいわい・・・そんなあなたには合氣道眞伝会の合氣道をお勧めします。まずキツイことって言われて思いつくことはなんですか?ダッシュ?サーキットトレーニング?
終わりの見えないヒンズースクワット?・・・ほかにも色々あるかもしれません。で合氣道眞伝会ではそれら一般的にキツイと言われることは一切いたしません。それで何で強くなれるのか?
先ほど例に挙げたキツイと言われる行為ですが、すべて肉体を酷使する行為ですよね。これをやって鍛えられるのは肉体だけです。いやいや肉体を限界まで鍛えれば精神=心も鍛えられるのだ!って間違って解釈している人が非常に多いデス。心は心として鍛えなければ鍛えられないのです。オリンピックの金メダリストでも犯罪行為を犯して捕まって刑務所に入る人もいます。オリンピックの金メダリストですから常人の常識では測れないほどの肉体の鍛錬を行っているハズです。でも・・・身体なんか鍛えたことなくても立派な方は大勢います。もちろん身体を鍛えていて立派な方も大勢います。ということは身体を鍛えることと心を鍛えることには相関関係がないってこと。合氣道眞伝会では心を使った身体の正しい使い方をお伝えしています。これが身に付けばことさらに肉体を鍛えなくても非常に強いチカラを発揮することが出来るのです。このチカラを伴って技を行うのが合氣道眞伝会の合氣道なのです。ウソだと思うあなたは是非ご体験ください。お待ちしています。

 

 

両方得意にしましょうね(^_-)-☆

こんにちは
さっきハチに刺された大塚幸恵です

ハチに刺されると良いことの前触れ
という西洋のことわざがありましたよね( ;∀;)??!

聞いたこと・・ないけど・・
ありましたよね、
あってくれ・・(´Д`|||)

さてそんなことの起こる2、3時間前は
センター北日曜クラスの稽古でした
(全くハチには関係ありません(^_^;))

審査も終わりましたので
一つの技をみんなで基本的なところから稽古しました。

肩取り一教(入身)です。

日曜クラスは大人・子供合同クラスです。
本日の稽古参加のみなさんは皆知っている技です。

けれど、投げる人も受け身(攻撃)をする人も真剣に取り組むと

知っていると思っている技も、
奥深いものだなぁと感じるものですね。

前受身技、後方回転技も
時間をとって稽古しました。

右の膝を立てて前受身、
左の膝を立てて前受身、

右の膝を立てて後方回転技
左の膝を立てて後方回転技

利き手というのがあるように、
やはり、やり易い側というのもあるようです

片側だけが得意な方も、両方得意にしましょうねd=(^o^)=b
今日もとても良い日でした
実はその後、良い出来事もありました❗

アナログ・・・

各道場で定期昇段・昇級審査を実施中です。当会では期日を決めて審査を行っています。いつでも審査やりますっていう道場もあるって聞いたことはありますが、やはりいつやります。という風に期日が決まっていた方が集中しやすいようですね。合格者には免状を渡しています。お名前・段級・日付については手書きをしています。書く方も真剣。当たりまえですがいい加減な気持ちでは書けません。1枚1枚気合を入れて書いています。名前と段・級が分ければいいんだから印刷でもいいんじゃないって・・・ダメ絶対手書きの方がいいです(こちらの自己満足かもしれませんが・・・)。ある武道のある流派は審査の結果はメールで送信して免状などは廃止しているそうです( ゚Д゚) 時間や効率を考えると手書きはあり得ないってことなのかな~でもそれって武道と名のついているものを教えてるんだから違うような気がするな~

定期昇級審査「綱島道場」

12月1日(金)綱島道場で定期昇級審査を行いました。5級受験、イッサくん。今までトントン拍子で審査を重ねてきたイッサくんです。今回も・・・審査が始まりました。独り技(文字とおり独りで行う体操です。独り技をしっかりやると組技の上達も早い)が全くできない。審査ですからドンドン項目を読み上げられます。全く動けず立ち尽くすばかりのイッサくん・・・これでは・・・。気のゆるみがあったことは明白です。3級受験はケントくん。3級の技は極め技が多くあり手の使い方も独特です。二教、三教、四教とありしかもそれぞれの技に転換という動きもあります。動きも似ているのでしっかり稽古を積んでいないと動けません。ケントくんよくできていました。家族でお兄ちゃんのコウタロウくん(2級)やお母さん(初段)ともよく稽古をしてきたんでしょう。小学6年生で3級の技を覚えたのは大したものです。

 

定期昇級審査「根岸道場」

11月30日(木)は根岸道場で定期昇級審査を行いました。9級受験はアユタ君。お母様も応援に駆け付けてくれました。いつになく真剣( ゚Д゚)に審査を受験してくれました。帯が解けることが氣になって目線が落ちることがありましたが、間合いも良く取れて、技ものびのびしてました。今後は稽古でも真剣にね。期待してるよ。また、受身を取ってくれたユウタ君もありがとう。さすが青帯。

7級受験はハルク君です。今までに見たことが無いくらいキレッキレの技を見せてくれました。いや、ほんとに。見ていてとても氣持ちが良かったです。受身を取ってくれたセイマ君もハルク君に負けじとキレッキレでしたね。ありがとう。

 

定期昇級審査「ららぽーと湘南平塚道場」

11月29日(水)ららぽーと湘南平塚道場で定期昇級審査を行いました。ららぽーと湘南平塚道場は木下二郎先生が指導している道場です。合氣道眞伝会の道場の中で一番キレイです。天井も高く開放感のあるステキな道場です。そのららぽーと湘南平塚道場で道場開設以来初めての審査です。受験者はイチロくんとタツミくん。イチロくんは小学2年生。9級受験でした。緊張感のあるなか、相手との間合いをしっかり取ることを忘れていませんでした。投げてからの抑えも落ち着いてしっかりと極めていましたね。タツミくんは中学2年生。部活はバスケ部に所属しています。今日は部活が休みでした(明日から中間試験のため( ゚Д゚))将来は警察官になりたいとのこと。今日は5級受験です。独り技もしっかり覚えていました。組技は普段教えてくれている二郎先生が相手を務めてくれました。なので遠慮なくビシビシと豪快に技を極めていましたね。初めての審査ということで二人のお母さんも応援に来てくれました。ありがとうございます。