『第七回眞武道演武会』開催日決定!!

28338997415_c771a2be78_k毎年合氣道眞伝会で開催している
演武会の日程が決まりました。

平成29年6月24日(土)午後0:00~3:00 
高津スポーツセンター2階武道場

 

いよいよ根岸も・・・

28056985760_0215a3338f_kこんにちは

いつも元氣な
木下二郎です。

日曜根岸道場
いよいよ審査向けの稽古に入り、
今回審査がある人もない人も
次の級や段に向けての
稽古になりました。

今日は中学生のメイさんを除き
みんな同じ位の級のメンバーだったので
前半は全体で共通の技を稽古をしました。

その後
残りの時間でメイさんと
普段はあまりやらない技を
個別に稽古していたところ、

隣で稽古していた
ユウタ君とコタロウ君が興味津々。
氣持ちはわかるけど、
「こらこら、君達は自分の技に集中集中」
いずれ君達にも教えてあげるからね。

最後はみんなで呼吸動作をやり
稽古終了。

ハルク君もフウト君も
元氣に稽古出来ました。

今年皆勤だった
アユタ君は残念ながらお休み。

ハルク君はアユタ君の事が
とても氣になっていた様子で
アユタ君お休み?」
「何で?」
と何回も聞いてきました。

相変わらずハルク君は心優しいですね。
ちなみにハルク君のお父さんである
シライシさんも
ハルク君曰く
「疲れた」
とかでお休み(~_~;)

お休みしたアユタ君にも
シライシさんにも
まだまだ時間はあります(^^;)

みんなで顔晴りましょう

 

ありがとうごじゃいまちた

28260625281_736a5884e5_kこんにちは

次女をベビースイミングに
入れてからスクールバスで
行くようになるまで、
ずっと送迎し付き添っていた
大塚幸恵です。

センター北道場、日曜の稽古は
合同クラス(大人、子供)です。

親子で参加する人もいて
和やかに元氣にお稽古しています。

子供も小学校中学年くらいになると
一人で自転車で来る子もいますが、

まだ低学年や幼稚園だとそうもいきません。
お母様やお父様に道場まで
送迎していただいているので、

本当にありがたいことだと
感謝しております。

19日の稽古でも
リンタロウくんシュウジロウくんは
お母様が連れてきてくださいました。

下のお子さんたちも
連れてきていたので、
お母様には大変感謝です。

子供の習い事って、
いろいろありますね。

将来はプロを目指して!
という場合もあるかもしれませんが

・・・

昔、育児本か雑誌か新聞?何かで

「子供の習い事は、今そのときの充実のためにするもの。」

という文章を読んだことがあります。
考え方はそれぞれだと思います。

歌舞伎など習い事が
そのまま将来の仕事になるものも
ありますよね。

将来がどうのということなく、
ベビースイミングでまだ2歳の娘が
「北島康介みたいになるんだ\(^o^)/」
なんて言いながら

楽しそうにバチャバチャ
やっている姿を見るのは、
私にとっては楽しい時間でした。

親にとっても楽しい時間になる
こともあるけれど、

お仕事があったり
自分自身のやりたいことがあるときは
その時間を割いていただくことも
あるかと思います。

もちろん送迎などに関係なく、
子供の習い事は親に無関係では
いられないものです。

しばらくお稽古を見ていないな~
という保護者の方が、

審査の時に見学されたり、
演武会で見たときに

成長したな~

とうれしく感じて
いただけたら幸せです。

合氣道眞伝会の稽古では
技だけではなく、氣持ちや挨拶、整頓など

日常においても
成長してほしいと思っています。

稽古が終わり道場を出るとき、
私に

「ありがとうございました」

と挨拶して帰る
お兄ちゃんたちのマネをして、

幼い妹ちゃんが

「ありがとうごじゃいまちた」

とペコリと
かわいいおじぎをしてくれました。

こちらこそ(^_^)
ありがとうございました♥

これは運命だ。なんて諦めてませんか?運命なんて簡単に誰にでも変えられるよ(^_-)-☆その方法とは・・・

28210701316_9e00d282f2_kこんにちは

合氣道でいつでも前向き、
明るく楽しくなれる
道場をやっている
木下淳人(きのした あつひと)です。

運命とは今のままでいくとこうなる
って予測のこと

例えば、毎日、酒を飲んでいれば
将来肝硬変になる
って運命が導き出されるよ。

なので
運命を変えたければ
あなたがあなた自身で行動するしかない。

運命っていうのは
自分の行動でいくらでも変えることができます。

あなたの人生は
他人が変えるもんじゃありません。

もしあなたが明るい前向きな人生を歩みたいな
って思ってるなら
そういう風に思って
そういう行動すればいいだけです。

この

行動する

ということが
大事なことです。

思ってるだけじゃ
変わることができません。

自分が行くべき道を考えて
それから行動するんです。

せっかくですから
将来明るく楽しくなれる方が
いいと思いませんか?

そのためには
まずあなた自身が明るく楽しく
考える癖を
つけなければなりません。

自然に暗い考え方から
明るい考え方になる
って事はないです。

そうは言っても
それができないから
困ってんじゃないの

って
あなたは合氣道を始めましょう。

雰囲気っていうでしょ。

明るく楽しい人たちに
囲まれている


あなたもその囲いの中にいる
ことになりますね。

その影響を受けて

あなたの運命なんか
簡単に良い方向に変われますよ(^_-)-☆

 

 

慌てず騒がずいつもどおりの平常心

28266150156_dfe7019f7e_kこんにちは

いつも元氣な
木下二郎です。

ららぽーと湘南平塚道場
開講間もない為、
こちらは審査向けの稽古ではありません。

現在ららぽーと湘南平塚道場
唯一の道場生である君、
学校の試験前にも関わらず、
本人曰く

息抜き

に稽古に来てました(^o^)/

「まだまだ時間がある」

の精神ですね。

今受験シーズン真っ盛りですね。
合氣道眞伝会でも受験(中学3年、高校3年)の子が
結構多いです。

休会中の子もいますが、
私(木下二郎)の出身所属道場である
港北ニュータウン道場に先日
稽古に行きましたが、

中学3年生のコウタロウ君、
3日後が高校入試日でしたが、
ちゃんと普通に稽古に来ていました。

コウタロウ君の平常心が素晴らしい(^-^)

合氣道を通じて
心を鎮めること
が実践できていますね

あなたも心を鎮めて
いつでも平常心でいられて
自分のチカラを最大限に発揮する方法

を知りたければ
合氣道眞伝会で合氣道を始めると
そのヒミツがわかりますよ(^o^)/

 

 

合氣道の稽古で一番成長する時期があるんです。その時期は・・・

27812058064_542f79cee6_kこんにちは

いつも元氣な
木下二郎です。

合氣道で初めて教わった技を、
すぐに出来る人とすぐには出来ない人
(あくまでも技の形の事ですが)がいると思います。

技の説明を聞いていなかったり、
技を見ていなかったりしている人は
論外ですが、

一所懸命見聞きしていれば、
すぐに出来なくても
全然心配ありませんよ

その心掛けで稽古していれば
必ず出来るようになります(^-^)

論外の心当たりのある人は、
まず人の話や動きを
よく見聞きする
ことから始めましょう。

合氣道眞伝会では審査が近づいています。
審査が近づくと審査向けの稽古になります。

同じ技を繰り返し稽古します。
単調に思える稽古ですが、

審査向けの稽古時に一番成長します

惰性の稽古にならず、
一つ一つの技を
丁寧に繰り返し稽古しましょう。

212日、日曜根岸道場
論外の人が
ちらほら
見受けられましたが、
元氣に稽古出来ました。

しっかり先生の動きを見ることを
見取り稽古といいます。

眼を開けていても
心が伴っていないと
スカっ
とその映像は抜け落ちます。

なので
しっかり心して稽古には参加するんですゾ

 

合氣道には一般に知られたくないことが二つあります。まず、技を行うときにほとんど筋力が必要ないことと、それから投げ技と言っていながら実は投げていないこと・・・

28338996065_4e37babe2c_kこんにちは

合氣道でいつでも前向き、
明るく楽しくなれる
道場をやっている
木下淳人(きのした あつひと)です。

合氣道の技のイメージはどんなものがありますか?
と言われて代表的なものは
おそらく投げ技が思い浮かばれる
ことだと思います。

でも実は合氣道の投げ技は
投げるとき
筋肉はほとんど使ってません。

というか
厳密に言うと
実は投げていないんです。

便宜上〇〇投げなどと言う
名前がついていますが
ほとんど投げていません。

合氣道の投げ技の稽古をするときの
大前提が相手からの攻撃です。

何かしら相手が攻撃してきます。
例えば
殴りかかるとか
掴みかかるなどの動きがあって
始めて技が成立しています。

それで相手が動いてくる方向に
逆らう事はしません。

例えば殴りかかってくる相手を
受け止めたり、
それを反対に返したりする
ようなことはしないのです。

かといって
そのまま殴ってくる相手に
そのまま殴らせると言う事でもありません。

相手の人が殴ってくる方向を
さらに
そのまま伸ばしてあげるんです。

人は行動止められたり、遮られたりすると
その行為に対して
それを打ち破りたいという気持ちが
瞬時に湧き出てきます。

その反発している相手を投げるのは
至難の業です。

投げる側が相手よりも筋力があれば
強引に投げることもできるでしょう。

逆に相手の方が筋力が優っていれば
絶対に投げることができません。

 

ところが
合氣道では、相手が自分が進んでいる方向に
そのまま、さらに一緒に進めてあげるんです。

同じ方向に進めてあげるわけですから
相手は逆らう理由はありません。

そのため相手の攻撃は
更に加速度を増します。

そのときに少し方向変えてあげるわけです。

そうすると
相手の人は自分の勢いにプラスして
さらに
こちらの手伝うことも加わわってますから

より勢いを増して
バランスを崩し倒れてしまう

というわけです。

厳密に言えばこちらは投げていませんね。

方向少し変えてあげただけなんです

なので
合氣道をやっている人に
絶対投げられない方法があります。

それはこちらから絶対に攻撃しないこと。
そうすれば
合氣道家に投げられることは
100%ありません。

 

追伸
合氣道家が攻撃することもありません。
相手も攻撃してきません。
結果どちらも傷付きません。

争いごとが起こらないってことですね(^_-)-☆