技をやるより難易度が高いかも・・・

こんにちは

いつも元氣な
木下二郎です。

この度、
ららぽーと湘南平塚道場での
眞伝会第1号会員が誕生致しました。

ららぽーと湘南平塚道場
カルチャースクールのため、
最初の昇級審査の際に眞伝会にご入会頂きます。

審査のとき技ができるのはもちろんですが、
眞伝会では技よりも難易度が高い(?)ことを
やらなくてはいけません。

それは

帯を自分で正しく結ぶこと

・・・

これができないと
審査の受験ができないのです。

先日開催した「帯早結び大会」では
中学2年生のタツミ君を抑えて
小学2年生のイチロ君が優勝

イチロ君は今年の演武会も参加していましたが、
審査は今回が初めてという事になります。

参加者は2人だけでしたが
優勝は優勝。

先に結べたのはタツミ君でしたが、
結び方が不完全の為、結び直し。
その間隙を縫って見事に結び終えました。

イチロ君とは稽古前や稽古後、
毎回のように帯結びの稽古もしました。
時に泣きそうになりながら。

その間、親御さんも帯の結び方を
熱心に一緒になって覚えてくれました。

だから、家に帰ってからも
帯結びの稽古が出来たのですね。

その甲斐もあって
随分早い段階で結べるようになっていました。

イチロ君が顔晴ったのはもちろんですが、
親御さんのご協力にも感謝しましょうね。
ありがとうございます(私からも)。

ちなみにイチロ君は私服も道着も
自分でちゃんと畳んでいます。

当たり前の事のようですが、
皆さん、ちゃんと出来てますか?

 

 

珍しいことをすると・・・大雨が降る!?

こんにちは

いつも元氣な木下二郎です。

久しぶりの登場です。
眞伝会は88日から817日までは
夏休みとなっております。

が、ららぽーと湘南平塚道場は、
カルチャーということもあり、
89日にも通常通り稽古がありました。

そして、なんと、
会長がサプライズでご指導に来てくれました。

きっかけは夏季特別集中講習会後の
懇親会でのこと。私が冗談っぽく
「明日ららぽーと湘南平塚道場にぜひ指導に来て下さい。
もし来てくれるなら迎えに行きますよ」
と言ったものの
既になにか予定が入っていて
無理そうな感じでした。

そして次の日、会長からご連絡もなかったので、
独りでららぽーと湘南平塚道場に向かったのですが、
着くなり、カルチャーの方から、

会長が来てますよ。それも随分早い時間の17時前から」

「え~」

そうです、とってもお茶目な会長
私に連絡したらサプライズにならないからと、
稽古時間も確認せずに、
予定表に記載の通りの
17時稽古開始にあわせて来てくれたのでした。

ちなみに現在の稽古時間は
子供学生大人合同で
1850分から1940となっております。

でも、会長にも伝えていたし、
知ってたはずなんですけどね。

そんなこんなで会長指導で、
楽しい稽古となりました。
当日会員2人と、体験の2人の
合計4人だったのですが、

独特の緊張感の中(これがなかなか醸し出せないんですよね)、
皆いつもにも増して、楽しそうに
張り切って稽古していました。

センター南道場との稽古時間が
ほぼ重なっているので、
ららぽーと湘南平塚道場所属の人達にとっては、
会長から直接指導を受ける機会は
なかなかございません。

皆、貴重な時間だったと思います。
会長、ありがとうございました。

ちなみに会長は、
平塚まで愛車のハーレーできたんですが、
当日の降水確率0%だったのが
稽古が終わり帰る時間にはドシャブリの大雨・・・

珍しいことをするから
神様もビックリしたんだと思います

 

 

安心してください(^^♪

こんにちは

いつも元氣な
木下二郎です。
久しぶりの登場です。

ゴールデンウィークも終わり
ららぽーと湘南平塚道場でも演武会向けの
稽古に入りました。

ゴールデンウィーク前最後の稽古日には
平塚周辺(平塚だけ?)でインフルエンザが
流行していたせいか3人の内1人のみの
出席だったのですが、

この日はみんな元氣に出席、
3人揃っての稽古となりました。

演武会624日(土)ですので、
意外にもうすぐです。

いやいや、まだまだ時間があります。
始めて間もない道場ですので、
みんな演武会はもちろん、
まだ審査の経験もありません。

でも、大丈夫。

中学2年のタツミ君を筆頭に、
中学1年のリサコさん、そして小学2年のイチロ君の
3人がメンバーなのですが、
入会もこの順番。タツミ君がみんなを引っ張り、
リサコさんが場を和ませ、
イチロ君がそれに懸命に付いて行く。

眞伝会の道場はどこもそうですが、
先輩だからと、威張っている人は1人もいません。

だから新しく入会した人も安心して
道場に通えるのだと思います。

ららぽーと湘南平塚道場でも最近入会した
イチロ君もきっとそうだと思います。
だから、演武会に関しても何も心配していません。

きっと素晴らしい演武を披露してくれるはずです。
こうご期待ください(^^♪

 

やられてばかりはもう嫌だ!!

こんにちは

いつも元氣な
木下二郎です。

ららぽーと湘南平塚道場の稽古に見学の予約が
入っていたのですが、

・・・

キャンセルとなりました(‘_’)

その代わり(?)、
1月に体験したイチロ君(小学2年生)が
親御さんと一緒に入会手続きに
来てくれました。

何でも

「やられてばかりはもう嫌だ」

とか。
眞伝会で合氣道を始めると、
間違いなく強くなります。

ですが、
会長がよく言うように、
乱暴者になる事と強くなる事とは
まったく違います。

眞伝会では乱暴者の育成はしていません。
イチロ君も是非

「強い人」

になりましょうね。
ちなみに、イチローでもジロウでも
ジローでもなくイチロ君です(^◇^)

追伸
S君、Kさん、仲間が増えました。
先輩として優しく迎えてあげてくださいね。
 

 

今の自分を作りだしたものの正体とは・・・

こんにちは

合氣道でいつでも前向き、
明るく楽しくなれる
道場をやっている
木下淳人(きのした あつひと)です。

私の家のすぐそばに
第三京浜という高速道路が走っています。

根岸道場の稽古に行くときは
必ず利用しています。
川崎インターから保土ヶ谷まで330円です。

その利用について
大きく分けて二通りの考え方が
あるかと思います。

1つは330円か高いなぁ
もったいないから
下道でも行けるから下から行こう。

もう1つは330円か
もったいないなぁでも仕方ない。

ってどちらかになるんじゃないでしょうか。

でも
実はもう一つあるんです。

それは

330円払うと早く行けるし
時間の節約になるぞ。

って考え方です。
どれが正解なんてものはありません。

でも、
あなたがどれを思うかで
あなたがつながる先が決まります。

つながる?

合氣道とは目に見えない世界の
つかがりをもって合氣道いいます。

なんじゃそれ?

現実の目に見える世界だけしか
信じないぞっていう方は、
これ以上この話を聞く必要はありません。
ここでこのページを閉じてくださいね。

何それ知りたい
って思ったあなただけにお話しします。

 

人からは波動が出ています

 

その波動には、行きつく先があります。
それでその行きつく先の波動とつながります。

出せば出すほど
その関係は強化されていきます。

さて
それでは核心に話をしますよ。

先ほどの高速道路の通行料ですが
330円がもったいないから下道で行こう・・・

っていうふうに思った人は

330円が払えない
波動に繋がっちゃいます。

 

330円が高いなと思った人は

330円という金額が高い
その金額を稼ぐのは大変だって
波動につながっちゃいます。

330円で早く行けるし
時間の節約になるぞ

って思った人は
お金を価値あるものに使った
って波動につながります。

 

先ほども言いましたが
回数を重ねるほどそれが強化されます。

どれが正解とかではありませんし
良い悪いでもないんです。

でもそれが現実です。

ということは、

あなたが出す波動に
あなたがそれを自身で強化して
今の自分を作りだした

ってことです。

あなたの出す波動には善悪なんかありません。
ただただ愚直につながるだけなんです。

それで波動はあなたが出すんですから、
いかなる波動も出せるわけです。

あなたはどこにつながっていたいですか?

 

 

今、出来ないことを出来るようにする方法・・・・それは出来るまでやる ことです。

こんにちは

いつも前向きな
木下二郎です。

担当道場である「ららぽーと湘南平塚道場」の
出席者はS君1人。

完全な個人レッスンです。

ちなみに合氣道眞伝会では個人レッスンは
現在受け付けていません(会長多忙のため)

が、会長が数年前に受けていた
個人レッスンの1時間の受講料は

48,000円

でした(*_*)

まあ私が指導をする場合でも
半分の24,000円位のご請求をしても

・・・ムリかな(‘_’)

それにしても
S君はドンドン上達しています。
楽しい稽古が出来ました。

稽古中、S君のある仕草や言葉が氣になりました。
それは、自分の思い通りに動けなかったときに、
首をひねる仕草であったり、
「ダメだ」とか「失敗した」と
いうような事を口にする事でした。

「一回一回落ち込まないで、
次、もう一回やってみよう、
というように考えるといいよ」

合氣道をやり始めの頃(どんな事でも同じかもしれませんが)は
なかなか自分の思った通りに
動けない事があるでしょう。

それを何回、何十回、何百回と
稽古して、
自分のものにして行きます。

これを鍛錬ともいいます。
※鍛錬とは千回、万回という意味だそうですよ

もちろん、始めからうまく出来る人も
いると思いますが、
出来なくてもくよくよする必要はございません。

できるまで稽古すればいいんです。
焦らずやって行きましょう。

あまり簡単にできたら
逆につまらないでしょ。

ちょっと

ウ~

となるくらいが
ちょうどいい稽古なんですから(^^)/

 

 

 

痛てて(*_*)

こんにちは
いつも前向きな
木下二郎です。

他道場では審査真っ盛りですが
ららぽーと湘南平塚道場」では通常稽古です。
体験日も設けているのですが
平塚の方は控えめな方が多いのでしょうか?
いつも私と新中学2年生のS君と新中学1年生のKさん
の3人で稽古しています

稽古前に2人にどういう稽古がやりたいか?
を聞いたところ、
S君は、私の頭を見つつ、
「ハゲしい稽古がいいです」。

一方のKさんは
「楽しい稽古がいいです」
との事だったので、
2人の期待に応えて
三教をやる事にしました。

ちなみに
三教って、まず読み方ですが
「さんきょう」って読みます。

その意味とは?

三つの教え?

違います。
三番目の教えっていうのが
この言葉の発祥です。

ますます

かも、
そもそも合氣道の技には
名前がありませんでした。

それでは覚えるとき不便だ
ということで技を数字で
呼ぶようになりました。

一、二、三ってかんじです。
それで先生から教わるのだから
数字のあとに教わるを加えました。

それが一教(いっきょう)、
二教(にきょう)、三教(さんきょう)・・・
となっているのです。

それでその技を人にかける前に
動きを独りで覚えるように
体操を行っています。
それが独り技というものです。

独り技で三教の動きを確認した後、
S君を呼んで技の説明をしました。

「らせん階段のようにくるくるっと
S君の手首が360度回転するまで・・・」
S君の手首を三教の形にして
説明をしていると

「い・・・・痛いです」

とS君のうめき声が・・・。

「まだ、何もしてないよ」

「い、痛いですぅ~」

Kさん
「先生ひど~い」

「痛みがわからないうちに
相手に技を掛けると、ケガにつながるでしょ」

と説明をして離してあげたのですが、
よほど痛かったのか、
S君の元氣がみるみる
無くなって行きました。

実は合氣道の技は一番最初に
その技を極められたときが
一番痛いんです。

稽古を重ねていくと
相手の動きも読むことができるようになり、
また身体も慣れて
さほど痛くなくなります。

最初は特に身体を固くしてしまい
余計に痛いんです(*_*)

その後、S君とKさんとで
お互いに技の確認をしあったのですが、
2人とも、自分が痛いのはもちろん、
相手を痛がらせるのも好きでない様子←これ普通ですね

私が三教を初めて教わったときは、
こんな技があるのかと、
楽しかったけどな~←これが異常かもね

当時、会長からマンツーマンで
指導してもらっていたのですが、
会長三教はすぐに極まるのに、
私の三教は会長には全然極まらない。
確かに、少しブルーだったなぁ

そんなこんなで、
ハゲしい稽古になる前に終わってしまいました。
でも、ある意味ハゲしかったかな?

必要以上に痛めつける必要はないけど
その技の効用を知るには
自分の身体で確認するしかないかも・・・

追伸
この三教という技は
アメリカのFBIでも逮捕術の1つとして
正式に採用されています。
やっぱり効くってことですね(‘_’)