新幹線の通路で刃物を持ったキチガイと対峙したときの有効な方法とは

稽古前に会員さんから

先生なら先日の新幹線の事件のような場面に遭遇したらどうしますか?

と質問を受けました。正直申しまして新幹線の中で刃物を振り回すキチガイなど全く想定外です。場所が新幹線の中の通路です。恐らく幅は1メートルもない。
合氣道の投げ技は相手の背後に回り込んで相手を無力化して投げますが、幅がないので相手の背後に回り込むことができない。通路両側は座席の背もたれがあります。もし投げようとしても、背もたれに引っかかって投げることはできません。しかも相手は刃物を持っている。この状態で投げるのはほぼ不可能。合氣道の投げ技は通用しないでしょう

ではどうするのか?

私は打撃以外に方法はないと考えます。
しかもその打撃は通常の合氣道の道場で行っている
当身程度のものでは全く役には立ちません。

文字通り一撃で相手を葬り去る強烈な打撃です。

私の打撃の師匠である近藤孝洋師範直伝の打撃なら対処できるハズです。
近藤孝洋師範のベースは太極拳です。

太極拳?って中国の公園で早朝年寄りがやってる体操みたいなの?
って思った方は正常です。
普通の人のイメージする太極拳はそのとおりです。

近藤先生も技の形を覚えるにはゆっくりやって覚えるのもありだけど
実際あのスピードでは役に立たんよって、

ホンモノは全然違います。

とにかく一撃のもとに相手を倒すだけの威力を秘めています。

筋肉を鍛えたりハンドスピードを速くしたりしても威力のある打撃を身に付けるのは困難です。正しい指導者から正しい撃ち方を学ばなければ本当に威力のある打撃を身に付けることはできません。

結論 
新幹線の通路で刃物を持った相手に有効な対処方法は、打撃しかない。
それも一撃のもとに相手を葬り去る威力を持ったもの。
それ以外の方法では対処できない。

追伸
JRの社長が安全対策の会見していましたが、航空機のように金属探知機を導入することは現実的に無理(東京駅だけで1日10万人の新幹線利用がある)だそうです。警備員や警察官を同乗する機会を増やすと言っていましたが完璧に対処するのは無理ということですね。

合氣道はどれも同じか?

合氣道または合気道と名の付く道場はいっぱいあります。
どれも同じなのか?・・・

の前にちょっと話題を変えて考えてみましょう。
お寿司屋さん 銀座の高級寿司店から店内でベルトコンベアの上に
皿が置かれその皿に乗った寿司が店内をグルグル回る寿司店・・・

どちらも同じお寿司屋さんですね。
出てくるものは寿司です。マグロ、エビ、ホタテ・・・同じものが出てきます。

なので同じ?

違いますよね。
全然違うといってもいいでしょう。
まず値段が違う。やはり高い値段をつけているところは
その値段に合う価値を提供しています。

店主との会話であったり目の前に握ってくれたり・・・

ベルトコンベアの上に皿を置いてある店では味わえない価値です。
お客さんはその価値に満足してその価値に見合うものを支払うわけです。

このような例はたくさんあります。
100円均一でもバックは売っています。中に入れて持ち運ぶ量は同じでもエルメスのバックなら100万円はするでしょう。

人は価値があるものにはその価値に見合う価格を支払います。
エルメスやルイヴィトンやシャネルなどはセールなどはしませんね。

その価値を見出してくれているお客さんがいるので
セールをする必要がないわけです。

一般的に

価値があるもの=平均的な価格よりも高い

です。逆に価格の安いものは・・・
あなたはどう思いますか?

体験について
定員数に達したため6月分の体験のお申込みは終了しています。
体験をご希望の方は「体験のお申込み」より7月以降に予約のお申込みをしてください。

誰でもよかった・・・ウソつけ!!

新幹線内で刃物を持ったアホに刺されて亡くなったり怪我をされたりする人で出た事件がありました。
こういう事件があると決まって犯人は

「誰でもよかった」

って言っていると新聞などの報道で記事が出ますが、
本当は違うでしょ。

「誰でもよかった」じゃなくて

自分より弱いものであれば誰でもよかった」

がホントのこと。
どこまでも自分がかわいいだけのアホです。
犯人は自殺願望があったって・・・勝手に死ねよ

本当に腹立たしい事件です。

定期昇級審査「ららぽーと湘南平塚道場」

こんにちは
いつも元氣な木下二郎です。

64日(月)合氣道眞伝会の道場で最南端のららぽーと湘南平塚道場ららぽーと湘南平塚のショッピングモール内にあり天井も高く広々とした最高の道場です)で
定期昇級審査を行いました。
ちなみに、ららぽーと湘南平塚道場5月より
稽古日が水曜日から月曜日に変わっています。

現在、合同クラスでいつも熱い稽古をしています。
今回はイチロくんが審査でした。
お母さんも応援に駆けつけてくれましたね。

道場に入って来た時はガチガチに緊張していましたが、
そこは本番にチカラを出すタイプのイチロくんです。
いざ審査が始まるといつも以上の最高の動きを見せてくれました。

審査は無事終了。見事合格です

おめでとう
イチロ君、笑っていいんだよ

一本、技あり!?

合氣道の稽古では投げる方と投げられる方があります。
これは投げ技である武道や格闘技スポーツではそういう稽古になります。

一般的に投げる方は皆好きですけれども
なかなか投げられる方はあまり好きではないと思います。

例えば柔道なので大外刈りでバシーンと叩きつけられる
っていうのは痛いですからあまり好きな人はいないでしょう。

それに対して合氣道では投げていますが、投げられた方がバシーンとか
あまり大きな音を立てることありません。

シュッ

とか

スッ

という畳などを擦る感じです。

それは何故かと言うと柔道などでは背中を着くという事は
イコール負けになるわけです。
ですから極力投げ技が来る時、投げられないように踏ん張ってがんばります。
なので技が決まると引っこ抜かれたかんじになり

バシーン

と背中から落ちていくわけですです。
それに対して合氣道の場合は体制が崩れ始めると
自ら進んで自分の背中を着いて転がってしまいます

競技武道やスポーツなら1本負けと言うことになるでしょうけれども、
合氣道では背中を着いたら1本負けという感覚はありません

体制が崩れ始めたら

自ら進んで積極的に転がっちゃいます

武道としては特殊な感じですね。

投げられる=受け身が好き

って言う人も多いですね。

あの人の受け身いいね
とかっていう感覚は合氣道独自の感覚ですね。 

昇段・昇級審査は勝てばいいの!?

昇級審査って相手に勝てばいいの?

通常、武道審査というとお互いが対戦して
勝った方が昇級また昇段というやり方が多いと思います。

合氣道眞伝会ではどうなんでしょうか?

相手を倒したり極めたりした方が昇級する?

残念ながら違います。
審査はそれぞれの級で課題の技があります。

技ですから相手を倒したり、抑えたり、極めたりします。
でもそれは勝負じゃないんです。

相手が殴りかかってきたり掴みかかってきたり
という状況でそれぞれ級の技で対応します。

その対応ができていれば合格です。

審査前はその想定の技の稽古を繰り返し行いますから
その技が身に付くわけです。

級が上がるにつれ相手の攻撃方法も増え
更にそれに対処する技の数も増えていきます。 

昇級・昇段の順番はどうなってるの?

合氣道眞伝会の段・級の順は、
無級(白帯)→9級(黄色帯)→8級(オレンジ帯)→7級→6級(青帯)→5級→4(紫帯)→3→2(茶帯)→1→初段(黒帯)→弐段→参段→四段→という順番です。
さらに各級にはC→B→Aと三段階あります。
ですから正確には無級→9級C→9級B→9級A→8級C→8級B→8級A→ ・・・となります。

なので級は全部で27個あります|д゚)

1つ1つ確実に昇級していく人が普通ですが、
ごくまれに飛び級をする人もいます。

ほとんどの人が週1回の稽古ですが、
なかには週7回(毎日!?)稽古に参加している人もいます。

稽古の質はもちろん大事ですが、
高い質の稽古の量も多いとやはり昇級の進度も早いですね(^_-)-☆