いつから合氣道を始めるのがいいの?

あなたは車の運転をしていますか?
私は毎日車の運転をしています。車に慣れるとまあ歩かなくなりますね。
時間のこと考えるとやっぱり車の移動になりますね。

でも、いいことばかりではありません。

事故です

・・・

平成29年中の交通事故の総数47万2069件!
なので1日あたり129件の交通事故件数になります。

保険は入っとかなきゃ怖いですよね。
で自動車の保険にはいつ入りますか?

事故が起こってから・・・じゃ遅いでしょ

それじゃ保障もなにも得られないしね。
当たり前のはなし事故の前というか、
車に乗るようになる前に必ずですよね。

合氣道はいつ始めればいいのか?

これも同じことだと思いません?
何か格闘技の試合や武道の試合なら日時が前もって
決まっていますからその準備ができます。

でも不測の事態の場合、
それに向けての準備なんかできません。

合氣道を始めるのに最適な時期とは

・・・

今スグです

 

あなたには強い第六感があり、すでに発揮する準備はできています!それを活かすのは、あなたが思っているより簡単です

第六感とは人間の5官 (視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚) 以外の,あるいはそれをこえる第6番目の感覚の意。また,心理学者黒田亮は,これを意識の「識」に対して「覚」と呼び,知的・芸術的活動や武道などにおいて作用するとした(ブリタニカ国際大百科事典)

達人、名人といわれた武術家、武道家は間違いなく
この第六感を操っていたことでしょう。

それがないと
肉体のみの武術、武道になってしまい、身体の大きくて強い者には
叶わないってことになってしまいます=スポーツ(確かに小さくても超人的に強い人はいますが、オリンピックなどを見ても性別、体重別で競技は行われています。なぜか?単純に大きい人が有利だからですね)

合氣道では氣を使います。
そもそも氣がないと合氣道になりません。
ですが第六感とは氣のみを指す意味ではございません。
氣とはその入り口に過ぎず
第六感を構成するうちの1つでしかないのです。

本当の意味での第六感を会得したいなら、
それを指導しているところに行って
修行しなくてはいけません。

ただし第六感を使いこなせるようになるために
肉体の鍛錬は全く必要がないことだけは申し伝えておきますね。

攻撃を触れずに止める!?

もうオカルトの世界やん、何言ってんの?ありえないよ。
って反応をしたあなたの感覚は100%正しいです。

昔「レインボーマン」っていうヒーローもの(原作 川内康範)を
テレビでやってたんだけど、レインボーマンが使う術のうちの1つに

「金縛りの術」

っていうのがあって、死ね死ね団(日本滅亡と日本人撲滅を企む秘密結社←想定も名前もすごい、今のテレビじゃ絶対付けられない名称だね)との対決のとき出していた。相手の動きを止めちゃうの。すごいでしょ。

ヤマトタケシ(レインボーマンに変身する前の名前)が
インドの聖者ダイバダッタのもとに修行に行ってできるようになった。

実際これができたら・・・

そんなこと考えてる暇があったらマジメに稽古せんかいって怒られそうですね。
でも、これレインボーマンのように長時間止めることはできないけど・・・

一瞬ならできるんです。

そういうこというから合氣道が???で見られるんでしょうって
でもホントにできるんだからしょうがない

今年のあなたはどこに向かう?

毎年稽古初めのときに話している内容ですが、
冬休みに出かけた人って聞くと

ハイハイ、おばあちゃんち行った。〇〇に行ってきた ・・・

子供たちは元気に答えてくれます。
何で行ったの?

車、電車、飛行機・・・と様々な交通手段で出かけていますね。

出かけるときどっか行こうって
言ってでかけたらどこに着く?

え~??どっかじゃわかんないよ~

そうだね。
どっか行こうなんて言って出かけたりしません。

〇〇に行こうって
行く前に目的地を決めてから出かけるわけです。

そんなわけで

あなたは今年どこに向かいますか?

どこって場所のことではありません。
あなた自身が決めた目標のことですよ。
目標なんか決めてないし、決めなくてもいいでしょ
っていう人もいます。

決めてないから他の人の影響もモロに受けます。
それであっちへフラフラこっちへフラフラ・・・

そんな生活しても何も実りませんよね。

自分でやり遂げたいことを決めて進むと
充実した毎日を送れることを保証します

追伸
目標というと苦手を克服するような目標を考える人もいますが、
楽しい目標でもいいんですよ。
自分がワクワクできる目標です。

ゴールに到着するのが待ち遠しくて楽しくてしょうがないような
目標だと最高ですよね。

再追伸
〇〇をガンバル・・・これはダメ。
具体的に数字で表せる目標です。
例えば早寝、早起きって目標じゃダメってこと、
今年は朝6時に起きて夜10時に寝る・・・
これならOK
目標は計測可能なものにしましょう

目に見えないものは無い!?

目に見えないんだから無いは正解でしょう。
機械で測定できないから無いっていうのも
正解でしょうね。

では人間の生命力って見えますか?
機械で測定できますか?
見えないし測定できないから無い?

わたしたちはどこから来たの?

一番最初の人はだれ?

そんな研究をしている方もいらっしゃるようですが、
例えばニワトリと卵ってどっちが先なんですか?
目の前にニワトリがいて
そのニワトリが卵を産んだら
その卵はこのニワトリから産まれたってわかります。

じゃ一番初めはニワトリ?卵?

わかりませんね。

この世界は神様がおつくりになった。

ということです。

人間は神様がつくったんです。
その人間には無限の可能性がある。

身体を鍛えるのはいいことです。
でも人は身体だけじゃない。
心もあります。

心は目には見えません。

でもありますよね。
合氣道眞伝会では心を鍛える稽古をします。
目に見えない心をどうやって鍛えるの?

走り込みして限界まできたとき
まだいけるって鍛える?

受身を連続してまだいけるって鍛える?

そんな考え方をしてしまうのは
身体を鍛えれば心も鍛えられる
って勘違いをしているからです。

身体を鍛えても
心は一切鍛えられたことにはなりません。

一切です。

身体を鍛えて鍛えられるのは
身体だけですよ。

心と身体が連動しているというなら、
一所懸命勉強します。

そうすると
身体も鍛えられたことになりますか?

いやいやなりません。
頭を鍛えれば頭が鍛えられ、
身体を鍛えれば身体が鍛えられるんです。

心は心として鍛えなければいけません。

その方法とは

・・・

まず一番最初に行いたいのは
心を落ち着けること。

目には見えない心ですから
その場所は自由に移動できます。

なので自分で

自分の心は
下腹の最下部に落ち着いている

って決めるんです。
自分で決めればそれでOK
決めた瞬間に心が落ち着いた状態になってます。

ここで間違いやすいのが

臍下丹田のことか

と勘違いしちゃうこと。
これは間違いです。

下腹に力を入れる?

そんなことしちゃダメですよ。
それは硬直している状態であって
落ち着きと全く違う状態です。

そもそも身体の力を入れないと
落ち着けないって考えが違うのです。

実は自然体であることが
一番楽でしかも一番強い状態であるんです。

そもそも
体力や筋力がなければできない合氣道は
合氣道とはいいません。

 

袴をはくと、なんて動きにくいのかと・・・

こんにちは
ミス大塚幸恵です(*≧∀≦*)

日吉道場、
カルチャーの教室ではありますが
みなさん真剣な稽古の時間です

ふざけることと楽しくやることは違う!と、常日頃から木下会長もおっしゃっていますが

逆に・・・

一生懸命に真剣にしているからこそ
つい笑ってしまうような
面白いことも起こるもので・・・

今年の5月、多人数掛けを含むたくさんの技をクリアし、無事に審査合格した大学生のアイリさん

いよいよ袴をはくこととなりました

初めての着付けもビシッと決り!
と~っても似合っています

楚楚(そそ)として、そして、凜として
と~ってもステキ(*˘︶˘人)♡*。+

しばし稽古した後

あのう・・・これ・・(・・;)

ん?
なあに
どうしたの?

ん?
ええ~っ!!!!!

袴というのは
スカートみたいに見えますが
なんというか・・・
キュロットみたいな、パンツみたいな
とにかく、ズボンのように左右に別れています。

当然、左には左足を、右には右足を入れますが、、、

アイリさん、ひとつの方に両足を入れてしまったようで・・・

細身の彼女
立っているだけでは誰も間違いないに氣づかない

逆に、どうして自分で(間違いに)氣づいたの??

受け身をしたとき、反対側だけフワッと揺れる自分の裾を見て、あれっと(?_?)思って、とのこと

(;゜゜)うっ
指導者は、だ、誰だ・・・

ごめんね・・・

いつもしっかりしているアイリさんなので、
そこを間違うとは・・・
全く、全然、まるっきり、思いもしなかった私のミステイクでした💦

「袴をはくと、なんて動きにくいのかと思いました」

いやいや、違うから・・・(((・・;)

本当は、教え方も足りなかったし、
おいっ!氣づけよ!というところなのですが

稽古中なのに、堪えられないくらい笑ってしまいました(*≧∀≦*)

さて、先月昇級・昇段審査も終わり
また新しく袴をはく方々も増えました。

実は私も最初はなかなか袴を着るのが大変でした。
そして、袴をたたむのも一苦労でした。

ですから、わからないことなどあれば聞いてくださいね。

こちらのホームページにも詳しく出ていますから(昔はなかった(´Д`|||))
心強いですね!

自分の幸せを他人に依存してる限り幸せにはなれない(*_*)

人生をコントロールするという事は
責任を引き受けること

時期が・・場所が・・タイミングが・・上司が・・
育った環境が・・同僚が・・パートナーが・・

〇〇が・・

不満について長々と言う

そういうことを言うと
なんだか安心したりして

自分以外全部悪いんだもん。
そりゃ大変だよね~

でも問題は〇〇じゃないよね。
その〇〇の要因のせいにしている自分にあるよ。

自分の責任を転嫁している
それじゃ自分の思い描く未来はこないでしょ(*_*)

どうやってやったんですか?
どうしたらいいんですか?

わからないことがあれば聞けばいいじゃない。
失敗も成功も全て自分の責任として受け止める
やらなければいけないことがあったらば
一歩前に進んで引き受ける

任される前に自ら進んでいく

あなたは何を待っているのでしょうか?