この技、実際使えんの?


ほとんどの人は合気道という武道は昔からあったものだと思っているでしょう。
でも本当は近代といってもいいほど最近の武道です。
昭和初期にほぼ今の形になったようです。

はっきり言いましてどう見ても現代にそぐわない技も多くあります。
例えば坐技(ざぎ って読みます)。

坐技?

って何?字の通り坐ったまま技を行うものです。
しかも攻撃する人も坐ったままって

・・・

ないですね。
道場以外では絶対ないかたちです。

この坐技は動きを制約されるので自由に動けるまでには
かなりの修練が必要で上級者の技です。

殿中(でんちゅう お殿様の前では立って移動等ができなかったので坐ったまま移動していました。その状況で不意に襲い掛かってきた暴漢を制圧する技を取り入れたという説があります)で必要だったようですが今では古典芸能的な技になります。

でも稽古しています。氣の流れや相手を導くことを考えたときに
様々な形で稽古すると幅が広がるんです。

それになにより技ができるようになると楽しいんです。
これ結構重要なポイントです。

初心者から上級者まで楽しめるのが合氣道の技です(^_-)-☆

合気道
合氣道眞伝会
都筑ふれあいの丘道場
 横浜市営地下鉄「都筑ふれあいの丘徒歩5分
センター南道場 横浜市営地下鉄「センター南徒歩2分
センター北道場 横浜市営地下鉄「センター北徒歩1分
綱島道場 東急東横線「綱島徒歩5分
日吉道場 東急東横線・横浜市営地下鉄「日吉」徒歩1分
根岸道場
 JR根岸線「根岸」徒歩1分
溝の口道場
 東急田園都市線・JR南武線「溝の口徒歩5分
ららぽーと湘南平塚道場

合氣道眞伝会の道場にはどんな人がいるの?


道場には同じエネルギーを持っている人が集まってきます。

エネルギー=氣 

気はどんな人からも生きている限りで続けています。
良い氣もあれば悪い氣もあります。

良い氣は
できる 大丈夫 簡単だ 面白いなどですね

悪い氣は
できない 難しい つまらないなどです。

それで同じ氣を出している人が集まります。これが道場です。
当然合氣道眞伝会の道場は良い氣が集まっていると信じています(^^♪

これは理屈ではなくてそうなっているのです。
仕事はさまざま。ある特定の業種に方が集まっているわけではありません。

呼び水という言葉がありますね。
枯れた井戸に水を差すとまたその井戸が蘇るということですね。

合氣道眞伝会は、氣が枯れかかっている人( ;∀;)でも呼び水の如く良い氣が降り注いできますからね(^^♪

なのでもしあなたが今元気がなくても大丈夫。
今の自分を変えたいと願うのならば
是非合氣道眞伝会の道場に来てみてください。
間違いなく元気になれますよ(^_-)-☆

注意 氣の概念の無い道場に行っても当然氣の補充はされません。

合気道
合氣道眞伝会
都筑ふれあいの丘道場
 横浜市営地下鉄「都筑ふれあいの丘徒歩5分
センター南道場 横浜市営地下鉄「センター南徒歩2分
センター北道場 横浜市営地下鉄「センター北徒歩1分
綱島道場 東急東横線「綱島徒歩5分
日吉道場 東急東横線・横浜市営地下鉄「日吉」徒歩1分
根岸道場
 JR根岸線「根岸」徒歩1分
溝の口道場
 東急田園都市線・JR南武線「溝の口徒歩5分
ららぽーと湘南平塚道場

 

合氣道の投げ技があまり痛そうに見えないわけとは!?


合気道の投げ技を見てうわ~痛そうって言う人はあまりいません。
なんかフワッて感じですからね。
柔道の投げ技みたいにビチッって投げつけられるようなイメージはありません。

痛そうでないということは技が効かないのか?

・・・

その理由は、投げを受けた人が先に転がっているからです。
合気道には試合という概念がありません。

試合をする武道は一般的に投げられて背中を着いたら負けになります。
なのでなかなか技がキレイに決まることはありません。

それに対して合気道には試合という概念がないですから
自分の体制が崩れそうになったら

自分の意志で転がってしまいます。

転がるとき当然背中を着きますが
背中を着いたら負けという決まりもないので
積極的に背中をついて自分の体にダメージがないように転がるわけです

そのように転がるわけですから痛そうには見えないし
実際痛くないのです。

追伸
技が極まっているのに投げられまいと頑張ると
体制が崩れて倒れることになり、
その結果は当然痛いです”(-“”-)”

合気道
合氣道眞伝会
都筑ふれあいの丘道場
 横浜市営地下鉄「都筑ふれあいの丘徒歩5分
センター南道場 横浜市営地下鉄「センター南徒歩2分
センター北道場 横浜市営地下鉄「センター北徒歩1分
綱島道場 東急東横線「綱島徒歩5分
日吉道場 東急東横線・横浜市営地下鉄「日吉」徒歩1分
根岸道場
 JR根岸線「根岸」徒歩1分
溝の口道場
 東急田園都市線・JR南武線「溝の口徒歩5分
ららぽーと湘南平塚道場

氣のはなし


合気道は「氣」があるので合気道といいます。
氣がない武道は合気道とはいいません。

今日はその「氣」はそもそもどこから出ているかのはなしをします。
氣は自分の身体から出ているんじゃないの?
って合気道をやっていて「氣」のことを知っている人でも勘違いをしています。

もちろん自分も身体から出ているんですが、
正確に言うと自分の身体を通して出ているです。

氣の発生源は自分の身体ではありません。

「氣」は自分の身体を通過して出ているが正解です。
例えていうと、部屋を明るくするとき電気をつけますね。
ここで電気といっているのは蛍光灯やLED電球です。
この蛍光灯やLED電球はそれ自体だけでは光はつきません。

照明器具にセットしてその照明器具のスイッチをONにして初めてつきます。
その照明器具からは電気を通すための線がついています。
その線は電線につながっています。
その電線をさらにず~と辿っていくと必ず発電所までいけますね。

これを人に合わせて考えると人にあたるのは蛍光灯やLED電球です。
人には線はついていませんが( ;∀;)

地球には大宇宙のエネルギーが降り注いでいます。
この降り注いでいる大宇宙のエネルギーが先ほどの例えの電線です。
なので発電所にあたるのが大宇宙ということになります。

合氣道眞伝会で考える氣の源は大宇宙のエネルギー

ということになります。
ただし誰でもこのエネルギーを使えるわけではありません。
最初の例えの蛍光灯ですが、ただ蛍光灯を照明器具にセットしても光は点灯しません。光を点灯させるためにはスイッチをONにする必要があります。
人でいうとこの

スイッチに当たるのが「心」です。

正しい指導を受ければこの「氣」を使うことができます。
長い修行期間は必要ありません。

即使えるようになります

この「氣」を自由に使う武道を合気道といいます(^_-)-☆

合気道
合氣道眞伝会
都筑ふれあいの丘道場
 横浜市営地下鉄「都筑ふれあいの丘徒歩5分
センター南道場 横浜市営地下鉄「センター南徒歩2分
センター北道場 横浜市営地下鉄「センター北徒歩1分
綱島道場 東急東横線「綱島徒歩5分
日吉道場 東急東横線・横浜市営地下鉄「日吉」徒歩1分
根岸道場
 JR根岸線「根岸」徒歩1分
溝の口道場
 東急田園都市線・JR南武線「溝の口徒歩5分
ららぽーと湘南平塚道場

 

定期昇段・昇級審査終了


合氣道眞伝会の各道場で実施していました定期昇段・昇級審査が終了しました。
それぞれの道場で免状、帯の伝達を行っています。
この時期は一番上達する時期でございます。
日ごろも稽古をしていますがやはり審査があるときは
稽古の取り組み方も通常よりも熱が入りますね。
グッと集中しますからより上達するわけです。

できることが多くなるとまた楽しさも倍増しますね(^_-)-☆
さらに楽しく研いていきましょう

追伸
ちなみに免状ですが、すべて木下会長手書きです。

合気道
合氣道眞伝会
都筑ふれあいの丘道場
 横浜市営地下鉄「都筑ふれあいの丘徒歩5分
センター南道場 横浜市営地下鉄「センター南徒歩2分
センター北道場 横浜市営地下鉄「センター北徒歩1分
綱島道場 東急東横線「綱島徒歩5分
日吉道場 東急東横線・横浜市営地下鉄「日吉」徒歩1分
根岸道場
 JR根岸線「根岸」徒歩1分
溝の口道場
 東急田園都市線・JR南武線「溝の口徒歩5分
ららぽーと湘南平塚道場

合氣道眞伝会 指導員 大塚幸恵先生(四段)

大塚幸恵先生(四段)

合気道
合氣道眞伝会
都筑ふれあいの丘道場
 横浜市営地下鉄「都筑ふれあいの丘徒歩5分
センター南道場 横浜市営地下鉄「センター南徒歩2分
センター北道場 横浜市営地下鉄「センター北徒歩1分
綱島道場 東急東横線「綱島徒歩5分
日吉道場 東急東横線・横浜市営地下鉄「日吉」徒歩1分
根岸道場
 JR根岸線「根岸」徒歩1分
溝の口道場
 東急田園都市線・JR南武線「溝の口徒歩5分
ららぽーと湘南平塚道場

合氣道眞伝会 指導員 佐久間一浩先生(四段)

佐久間一浩先生(四段)

合気道
合氣道眞伝会
都筑ふれあいの丘道場
 横浜市営地下鉄「都筑ふれあいの丘徒歩5分
センター南道場 横浜市営地下鉄「センター南徒歩2分
センター北道場 横浜市営地下鉄「センター北徒歩1分
綱島道場 東急東横線「綱島徒歩5分
日吉道場 東急東横線・横浜市営地下鉄「日吉」徒歩1分
根岸道場
 JR根岸線「根岸」徒歩1分
溝の口道場
 東急田園都市線・JR南武線「溝の口徒歩5分
ららぽーと湘南平塚道場