新しい仲間が増えています(^_-)-☆


センター南道場(横浜市営地下鉄「センター南」駅徒歩2分)に体験に来てくれた
女の子が入会してくれました。
決め手になったのは駅から近いこと
お仕事をしているお母さんが仕事帰りに駅から迎えに来て
そのまま帰れること。

もし道場のあるところが駅から10数分も歩いてじゃ大変です。

子供クラスの稽古は午後5:00から始まりますが
この時間帯でも最近では街灯がないところは真っ暗“(-“”-)”
特に川沿いなどはほんとに真っ暗で危ないです。

お子様の習い事で注意したいのはその道中ですね。
明るい駅前の道場だとその心配はいりませんね。

ちなみにとなり駅のセンター北にもセンター北道場がありますが、
こっちは駅からもっと近くて徒歩1分です。

合気道
合氣道眞伝会
都筑ふれあいの丘道場
センター南道場
センター北道場
綱島道場
日吉道場
根岸道場
溝の口道場
ららぽーと湘南平塚道場

褒められると・・・とてもうれしいもの(^^♪


こんにちは
センター北道場の土曜日に稽古している
子供クラスの男の子に
先生、かわいいね
と言われた大塚幸恵です♡

・・・うそです (゜∀゜)

うそではありませんが
本当は (≧▽≦)

先生(ーの靴)、かわいいね
と言われた大塚幸恵です

その子が褒めてくれたのは
キラキラビーズのリボンのついた靴

だけ、です。

でも、そう言われると
やっぱりうれしいものです。

靴がかわいい、と
いってくれただけなのに
なんだかその他いろいろや
私自身も褒められた氣分になります。

これは私のオメデタイ性格によるところもありますが、、、(≧▽≦)

でも、そうではないでしょうか?

褒められると、とてもうれしいもの。

合気道では基本、
二人一組で稽古をします。

ここをこうしたら
もっと良くなる!

そんな思いやりの気持ちで
先輩が組んだ後輩にアドバイスを
してくれることもあります。

私もそうでしたが(今もそうですが)
おしえていただけると
本当にありがたく、
気づかない点を指摘されると
なるほど!そうだったのか!と
腑に落ちたり、、、。

それも本当に必要で
本当にありがたいことですが

良いところを褒める
ということも、
相手の上達にとても影響します。

もっと磨きたいな~(*˘︶˘人)♡*。+
そんな向上心を抱きますもの。

センター北道場は日曜も合同クラス
(大人・子供)の稽古がありました。

小学生の子と大人も組んで稽古します。

あ、レンくん
さっきより動きがさらに良くなってる!
さっきからたくさん稽古してるからね!

それと一緒に組んでるウナミさんの
褒め上手もあるからかな☆彡

センター北道場の日曜クラスは
横浜市営地下鉄「センター北」駅下車徒歩1分
(バスケットボールチーム ビー コルセアーズ)
ビーコルセンターのスタジオで
合同クラス(大人・子供)
10時~10時50分

土曜は
子供クラス14時10分~15時
大人クラス15時~15時50分・15時50~16時40分
稽古しています(๑’ᴗ’๑)

合気道
合氣道眞伝会
都筑ふれあいの丘道場
センター南道場
センター北道場
綱島道場
日吉道場
根岸道場
溝の口道場
ららぽーと湘南平塚道場

心の倉庫


合気道で大事なのはまず「心」です。
「心=氣」の使い方ですね。

合気道をやるときだけ氣を使って投げる?
それじゃ意味がありません。というかそれじゃ氣は使えません。

どうすれば氣が使えるようになるかといえば
普段からの生活で氣を使うこと。

特に
ことば遣いは重要です

いつも使っていることばが自分の心に入ります。
それが潜在意識となって蓄積していくわけですね。

いつも ダメだ 疲れた 無理だ できないって
ことばを使っていればそれも潜在意識に入ります。
そうなるといざというとき潜在意識に入ったそれらの
ことば通りの行動をとることになるのす。

いつも できる 大丈夫 ありがとう 感謝してます
ってことばを使っていればそれも潜在意識に入ります。

いざっていうときもその潜在意識から出る行動をとることができます。

潜在意識=心の倉庫です。

あなたはどちらが好きですか?

目がまわるゾ⁉


子供のころ2~3回くらい「でんぐり返し」なんかやっても
目なんか絶対回らなかった。なのに

あれっ目がまわるゾ・・・

大人になって合気道の前受け身(でんぐり返しのように前に転がります)を
1回やってみたところ

クラ~って目がまわりました

っていう人多いです。
というかほとんどの人がまわっているようですね。

この解決方法は・・・

慣れる

しかありません。
無理してやり過ぎても目が余計にまわるだけですから
ボチボチを慣れてください。

武道の修行は苦しいのじゃ
なんていうのは
昭和の時代までのはなしでございます。

今の時代は

武道の修行は楽しいのだ

ってなっています(他の道場は知りませんが合氣道眞伝会ではそうなっています)
どうぞ楽しく取り組んでください(^_-)-☆

投げられるのは・・・


合気道の代表的な技は投げ技です。
他にも絞め技や抑え技もありますが、
イメージとして一番多いのは投げ技でしょう。

通常の稽古でもやはり投げ技の稽古には一番時間を取っています。
合気道を始めた人で投げるのはみんな好きなようです。
喜々として人を投げ飛ばしています(^^♪

でもみんながみんな投げ技だけの稽古をしているわけではありません。
投げに対してその投げを受ける人がいます。
一般にその人のことを受け身といっています。

投げは良いけど、
投げられるのは・・・

誰でも投げられるのは嫌です。
ここで考え方を変えてみましょう。
相手の技を受けるのは変わりありませんが、
そのとき投げられると思わないで

受け身を取る

って思うんです

???

見た目は変わりません
でも内面がまったく逆なんです。

投げられるはそのことばとおりやられちゃっている感満載です。
それに対して受け身をとるは
自分で進んでその行為をしていることになります。

なので相手の投げを自らの意志で受け身をとった
ということになります。

このように考えればやられちゃう感は0ですね。

積極的に転がったんだという感じです。
この考え方は非常に大事ですし
このように受け身をとればケガをすることはまずありません。

気持ちを積極的に使っているからですね。
投げる時も積極的、転がるときも積極的というわけです。

合氣道眞伝会の稽古は
稽古時間中はすべて積極的になれるのです(^_-)-☆

 

目標と目的の違いとは?


目標と目的がゴッチャになっていませんか?
今日はその説明をしますね。

例えばマック(マクドナルド)に行くっていうことにします(目標)決めました。
それでマックに着いてマックの看板に触って帰ったとしたらどうでしょうか?

行くという目標はクリアしていますよね。

でも違う

もしあなたが家族でマックに行くという目標だけ達して
そのまま帰ったら子供たちは怒るでしょう。

マックに行くと言う目標があって
その目的は何だったんでしょう?

この場合はもちろん目的はハンバーガーを食べるですよね。
当たり前じゃんか!

他のこのことでも同じこと。
目標は立てるけれどもその目的がハッキリ定まっていない人が多いようです。

なぜその目標を立てたのか?

その目標の目的はなんだ?ってことです。

さっきのマックの話で考えると簡単です。
マックに行こう(目標)そこでチーズバーガーを食べる(目的)
こんな感じです。

目標を決めたら必ずその目的も決めなければいけません。
これは自動車の両輪のようなものです。

自動車も前輪が1つだと全く前には進みません。
両輪が付いていて初めて前に進むことができますね(^_-)-☆

たまに高島礼子!?


こんにちは
たまに高島礼子に似てると言われ
恐縮しつつニヤける大塚幸恵です。

一番そう言われた時期が
極道のおんなたちで主演だったときなのがビミョーですが・・・

センター北道場日曜クラス
横浜市営地下鉄「センター北」駅下車徒歩1分
(バスケットボールチーム ビーコルセアーズ)
ビーコルセンターのスタジオで
10時~10時50分
合同クラス
(大人・子供)の稽古をしています

土曜も
子供クラス14時10分~15時
大人クラス15時~15時50分・15時50~16時40分
稽古しています(^-^)

稽古のスケジュール調整のため
3日(祝・土曜)はお休みでしたが
4日(日曜)は元氣に稽古ありました!

稽古は元氣にやりましょう!
稽古は明るくやりましょう!

と言っても
ふざけてやるということではありません

全く反対です。

とはいえ、
稽古始めの体操のときから
MOMOさんとMORIくんは
お互いクスクス笑っています。

こら~ (`ε´)
と、いいたいところですが、
なんだか二人とも、とても楽しそう

中1女子と小6男子

二人組んでの稽古のときなど
『氣』を感じるとか
そんなこと全くお構いなし・・( -_-)

「かかってこいや~(ノ^^)ノ」
のノリで技をかけ合っています。

今日組んでない人と組んで
稽古してください

とはいえ
全員がそうもならず
同じ人と組む組もあり、、、

あ、そこ(MOMOさんとMORIくん)
さっきと同じだっけ (・д・) ?

大丈夫です
ぜーんぜん、いいですからヾ(≧∇≦)

・・・そう ( ・_・)

合氣道ってさ、、、
バトルじゃないんだけどね ( ・_・)

とはいえ、度が過ぎると
極妻が発動されることも
経験からわかっている(?)二人。

子供と大人が組むということも
合同クラスの良さ。

それぞれ大人と組んでの稽古では
マジメな一面もあり

そして、
自分より下の級の子との稽古では
見事な指導力も見せてくれたり。

その日の指導は私でしたが

宮下指導員はもとより
MOMOさんもMORIくんも
『一日学べば一日の師』という
言葉のごとく
素敵な師でした (๑’ᴗ’๑)