定期昇級審査「根岸道場」

6月7日(木)は根岸道場(JR根岸線「根岸」駅徒歩1分)で審査を行いました。セイマくん6級受験です。セイマくんは中学1年生部活はサッカーをやっています。いつも元気いっぱいのセイマくん、審査でもその勢いはよかったですね。

合格です。おめでとう

定期昇級審査(根岸道場)

6月3日(日)根岸道場(JR根岸線「根岸}駅徒歩1分)で定期昇級審査を行いました。日曜日クラスが合同クラス(大人・子供)です。いつも元気いっぱいに稽古しています。

アキヒロくんは9級、アユタくんは8級、フウトくんは7級、ユウタくんは6級受験です。目線はどこ?相手と対峙しているとき見るべきは・・・

下?

じゃないですよね。しっかり相手を見ます。

自信が・・・のときはどうしても目線は下がりがちです。
そんなときでもしっかり目線を起こしましょう。

身体の方からも自信を取り戻すことができますよ(^_-)-☆

全員合格です。おめでとう

定期昇級審査(根岸道場)

3月8日(木)は根岸道場、子供クラスで定期昇級審査を行いました。
根岸道場はJR根岸線の「根岸」駅から徒歩1分の
駅前の非常に便利なところにあります。

定期昇級審査対象者は1名です。
合氣道は始める時期が個々によってさまざまです。
なので定期昇級審査時に毎回全員が受験するわけではありません。

8級受験のマナミさん、
お母さんも応援に来てくれましたね。

鋭い技を連発してくれました。
すごくきびきびと動いてよかったです。

ちょっと間合いが近かったかな。
武道の間合いに対する考え方はいろいろあります。
攻撃する側から考えると間合いは近ければ近いほどいいわけです。
でも逆に投げる側からすると攻撃してくる相手から
遠ければ遠いほどいいわけです。

合氣道は基本闘うことを前提とはしていないので
通常の武道よりも遠い間合いになります。
遠ければ相手の攻撃が届きにくいですからね。

マナミさん8級合格おめでとう(^_-)-☆
受け身(攻撃)をしてくれたセイマくんありがとう

 

親子でも一緒にできるんです(^_-)-☆

こんにちは
いつも元氣な木下二郎です

34日日曜、横浜のJR根岸線の根岸駅から徒歩1分のところにある
根岸道場の稽古でした。

ポカポカ陽氣に誘われて8人が稽古に出席してくれましたね。
その中には親子が2組。
シライシさんとハルク君(小学4年生)親子、ミズノさんとアキヒロ君(小学1年生)タカシゲ君(3才)親子です。

シライシさんはお仕事の関係で日曜日の稽古出席は久しぶり(根岸道場は火曜日と木曜日にも稽古をやっています)。
ハルク君はお父さんが大好きで、座る場所もいつも隣同士(帯順の時は除いて)。
他が空いていてもお父さんの隣がどんなに窮屈でもハルク君が後から隣に座ります。

それでも、お父さんと組んだ際には
キレッキレの技でお父さんをブン投げていました。

「楽しい?」と聞くと
「うん、楽しい」とニコニコ顔。

一方のミズノさん親子も負けじと仲良し。やっぱり隣同士。
ミズノさんとアキヒロ君の2人でいろいろな所に行っているようで、
前日(土曜日)にもJR烏山線の蓄電池駆動電車に乗る為、
宇都宮まで行って来たとか。
前回審査前には武道の神様として名高い鹿島神宮にも足を運んだそうです。

日曜日の午前中は親子で合氣道と決めています。
うれしいものですね。

ただ、来週はお父さんお勤め先の親子参加行事(駅伝大会)で欠席予定。
今年皆勤中だっただけに残念です。

さて、現在当会最年少のタカシゲ君(3才)、
怖いからか私には今までなかなか挨拶をしてくれませんでしたが、
本日やっと挨拶が出来ました(だいぶあやしかったですが・・・( ;∀;))。

演武会では演武もしてもらいますからね。
期待してるよ。

演武会の日程も決まりその関係で次回審査が5月実施。
演武会や審査のために稽古をするわけではないのですが、
やっぱり目標があると上達も早いです。

顔晴りましょう。

 

もっとも簡単な護身術!?

あなたは携帯電話持ってますよね。
大概の人が持っています。

何か用事を思い出したとき相手に電話を掛けます。
相手の番号を全部押し終え受話器が上がったボタンを押した途端に

プルル

って呼び出してかかるわけです。
何の話だよって、
もしあなたが人を探しだすとき携帯がなかったら
どうやって探し出します?

あてもなく家を飛び出したところで
まず探す相手を見つけることはできないでしょう。

携帯があれば「今どこ?」ってすぐに探しだすことができます。

それが相手が北海道にいても沖縄にいても、
相手の携帯番号の最後の数字を押し受話器が上がったボタンを押したとたんに

プルル

ってつながります。

携帯電話は相手の番号の携帯がどこにあるかを探しているわけじゃない
ってことです。

最初からつながっていて番号が合えば
その相手と話せるってことです。

人間が作ったものでもそんなことができるようになりました。
今日言いたいことは、

あなたが発信するエネルギーは同じ波長のエネルギーを出している人と
つながる

ってことです。

あなたがバカヤロー、クソ、つまんねぇ、うざい、めんどくさい、
ってエネルギーを出しているとします。

そうすると
全く同じエネルギーを出している他の人とつながるってことです。
ということは、

あなたが、ありがとう、感謝しています。うれしいね、楽しいね、おもしろいなぁってエネルギーを出しているとまた同じエネルギーを出している他の人をつながるってことです。

当然つながった相手とはあなたが望んでいる結果が得られます。
バカヤローとつながれば、バカヤローに輪をかけた状態になりますし、
クソつながれば、よりクソになります。
つまんねぇとつながれば、よりつまんねぇってことになります。

ありがとうとつながれば、よりありがとう。
楽しいねとつながれば、より楽しいねになるし、
おもしろいなぁとつながれば、よりおもしろくなれる。

あなたの思考(エネルギー)が良いも悪いも自分で吸い寄せている
ってことに気が付いていただけましたか?

あなたはどっちとつながりたいですか?

追伸
エネルギーを出すってそう思えばそのエネルギーが出るってことです。
別に身体を硬直する必要もありません。
ただ思えばそのエネルギーが出ます。

しかも思った瞬間に・・・

一般常識に沿ってやってみてもできない!?

合氣道では手をつかむとき軽くつかむようにしています。
ギューギュー力入れて持ってると先輩から

もっと軽く持って

って注意されます。
なんで?軽く持ってると先輩はらくらくと投げています。
そっか!力入れて持つと投げにくくなるから
先輩は軽く持てっていうんだな・・・
って思ってる人って結構多いかもしれませんね。

でも違います。

力いっぱい持っていると持ってる自分は
完全な硬直状態ってことですよね。
単なる塊になってしまっています。
なので本来は投げやすくなってるはずなんですよ。

この硬直した相手を投げれなきゃ
軽く持ってって言っちゃいけないかもしれません。

力いれて持ってる人に対抗して
こちらも力を入れて対抗してみましょう。

見事なぶつかり合いになりますね。
単純に力の強い人の勝ちになります。

これじゃダメです。

でこちらだけが力を抜いてみる。
う~う~
全然動かないってことになり・・・
やっぱり力だって相手とぶつかり・・・

ただ単に力を抜くだけじゃだめってことです。
いくら力を抜いていても
相手を投げようとか倒そうとかって
こちらが思っているだけで
相手の反発を瞬時に買い動けなくなってしまいます。

答え

・・・相手を投げようと思わずに自分の手を動かすこと。

こうすれば簡単にあなたの手は動きます。
相手の人はあなたの手をギューギューに持ったまま
下に崩れ落ちていきます。

いつから合氣道を始めるのがいいの?

あなたは車の運転をしていますか?
私は毎日車の運転をしています。車に慣れるとまあ歩かなくなりますね。
時間のこと考えるとやっぱり車の移動になりますね。

でも、いいことばかりではありません。

事故です

・・・

平成29年中の交通事故の総数47万2069件!
なので1日あたり129件の交通事故件数になります。

保険は入っとかなきゃ怖いですよね。
で自動車の保険にはいつ入りますか?

事故が起こってから・・・じゃ遅いでしょ

それじゃ保障もなにも得られないしね。
当たり前のはなし事故の前というか、
車に乗るようになる前に必ずですよね。

合氣道はいつ始めればいいのか?

これも同じことだと思いません?
何か格闘技の試合や武道の試合なら日時が前もって
決まっていますからその準備ができます。

でも不測の事態の場合、
それに向けての準備なんかできません。

合氣道を始めるのに最適な時期とは

・・・

今スグです