新幹線の通路で刃物を持ったキチガイと対峙したときの有効な方法とは

稽古前に会員さんから

先生なら先日の新幹線の事件のような場面に遭遇したらどうしますか?

と質問を受けました。正直申しまして新幹線の中で刃物を振り回すキチガイなど全く想定外です。場所が新幹線の中の通路です。恐らく幅は1メートルもない。
合氣道の投げ技は相手の背後に回り込んで相手を無力化して投げますが、幅がないので相手の背後に回り込むことができない。通路両側は座席の背もたれがあります。もし投げようとしても、背もたれに引っかかって投げることはできません。しかも相手は刃物を持っている。この状態で投げるのはほぼ不可能。合氣道の投げ技は通用しないでしょう

ではどうするのか?

私は打撃以外に方法はないと考えます。
しかもその打撃は通常の合氣道の道場で行っている
当身程度のものでは全く役には立ちません。

文字通り一撃で相手を葬り去る強烈な打撃です。

私の打撃の師匠である近藤孝洋師範直伝の打撃なら対処できるハズです。
近藤孝洋師範のベースは太極拳です。

太極拳?って中国の公園で早朝年寄りがやってる体操みたいなの?
って思った方は正常です。
普通の人のイメージする太極拳はそのとおりです。

近藤先生も技の形を覚えるにはゆっくりやって覚えるのもありだけど
実際あのスピードでは役に立たんよって、

ホンモノは全然違います。

とにかく一撃のもとに相手を倒すだけの威力を秘めています。

筋肉を鍛えたりハンドスピードを速くしたりしても威力のある打撃を身に付けるのは困難です。正しい指導者から正しい撃ち方を学ばなければ本当に威力のある打撃を身に付けることはできません。

結論 
新幹線の通路で刃物を持った相手に有効な対処方法は、打撃しかない。
それも一撃のもとに相手を葬り去る威力を持ったもの。
それ以外の方法では対処できない。

追伸
JRの社長が安全対策の会見していましたが、航空機のように金属探知機を導入することは現実的に無理(東京駅だけで1日10万人の新幹線利用がある)だそうです。警備員や警察官を同乗する機会を増やすと言っていましたが完璧に対処するのは無理ということですね。

合氣道はどれも同じか?

合氣道または合気道と名の付く道場はいっぱいあります。
どれも同じなのか?・・・

の前にちょっと話題を変えて考えてみましょう。
お寿司屋さん 銀座の高級寿司店から店内でベルトコンベアの上に
皿が置かれその皿に乗った寿司が店内をグルグル回る寿司店・・・

どちらも同じお寿司屋さんですね。
出てくるものは寿司です。マグロ、エビ、ホタテ・・・同じものが出てきます。

なので同じ?

違いますよね。
全然違うといってもいいでしょう。
まず値段が違う。やはり高い値段をつけているところは
その値段に合う価値を提供しています。

店主との会話であったり目の前に握ってくれたり・・・

ベルトコンベアの上に皿を置いてある店では味わえない価値です。
お客さんはその価値に満足してその価値に見合うものを支払うわけです。

このような例はたくさんあります。
100円均一でもバックは売っています。中に入れて持ち運ぶ量は同じでもエルメスのバックなら100万円はするでしょう。

人は価値があるものにはその価値に見合う価格を支払います。
エルメスやルイヴィトンやシャネルなどはセールなどはしませんね。

その価値を見出してくれているお客さんがいるので
セールをする必要がないわけです。

一般的に

価値があるもの=平均的な価格よりも高い

です。逆に価格の安いものは・・・
あなたはどう思いますか?

体験について
定員数に達したため6月分の体験のお申込みは終了しています。
体験をご希望の方は「体験のお申込み」より7月以降に予約のお申込みをしてください。

危機は察知できるのか?

人は生きている限り「氣」が出ています。
「氣」このことを出ているとか引っ込めると表現する人もいますが、
私はすべて氣は出ていると思っています。

「勇気」「やる気」「元気」などは良い氣でしょう。

「邪気」「殺気」「弱気」は悪い気ですね。

「邪気」を引っ込めたり「殺気」を引っ込めたりはしないでしょ。
すべて氣は出ています。引っ込んだりはしません。

良い氣か悪い氣のいずれかが出ているんです。

それで人はそのどちらも感じることができます。
良い氣が出ている集団に入ればこちろも気分は良くなります。
悪い氣の出ているところにいけばこちらも気分が悪くなります。

その能力は訓練を重ねるとその感覚はより鋭くなります。
それで悪い氣を感じたならばその場をスグに離れます。
その場にいなければあなたには悪いものが降りかかりません。

武道、武術をやっていると、
相手がこう来たらこうする的な発想になりがちですが、

これは間違い。

武道、武術の技を使わないで済むことが最高の護身術です。

 

誰でもよかった・・・ウソつけ!!

新幹線内で刃物を持ったアホに刺されて亡くなったり怪我をされたりする人で出た事件がありました。
こういう事件があると決まって犯人は

「誰でもよかった」

って言っていると新聞などの報道で記事が出ますが、
本当は違うでしょ。

「誰でもよかった」じゃなくて

自分より弱いものであれば誰でもよかった」

がホントのこと。
どこまでも自分がかわいいだけのアホです。
犯人は自殺願望があったって・・・勝手に死ねよ

本当に腹立たしい事件です。

6月分「体験申込み」終了

注目

定員数に達したため6月分の体験のお申込みを終了させていただきます。

体験をご希望の方は「体験のお申込み」より7月以降の体験希望日を選択して予約のお申込みをしてください。

定期昇級審査(綱島道場)

5月25日(金)は綱島道場(東急東横線「綱島」駅徒歩5分)で審査を行いました。ユウキさん、タカシマさん、タナカさん3人とも4級受験です。ユウキさんは港北ニュータウン道場(横浜市営地下鉄線「都筑ふれあいの丘」徒歩5分)の稽古にも出て稽古に励んでいます。無類の仮面ライダー好きでもあり腰にベルトを巻くため具志堅さんのボクシングジムにも通っています。タカシマさんは中学3年生で部活ではギターを弾いています。部活が終わってから稽古に来ています。道場で保育園時代の同級生であるコウタロウくんと8年ぶりに再会しました。タナカさんは高校1年生。毎回の稽古を欠かさず参加しています。タカシマさんとタナカさんは同じ日に体験に来てそのまま合氣道を始めました。同じ時期に始めた同期の人がいると心強いですね。

3人ともよく稽古してきました。
合格です。おめでとうございます。

定期昇段・上級者(2級以上)昇級審査

5月20日(日)高津スポーツセンターにて昇段・上級者(2級以上)昇級審査を実施しました。2級審査はセンター北道場所属(横浜市営地下鉄「センター北」駅から徒歩3分)のトヨナガさんです。トヨナガさんは元高校野球児(ちょっと前ですが・・・)で飲食店を経営しています。昨年の2月に合氣道を始めて今回2級の審査ですからかなり早いペースで来ていますね。通常の稽古のほかにも特別稽古などにも参加しています。元々の運動神経に加え熱心な稽古姿勢もあり今回の受験になっています。綱島道場所属(東急東横線「綱島」駅から徒歩5分)のコウタロウくんは1級審査。コウタロウくんは今中学3年生で学校では運動部(卓球部)にも入っていますが合氣道の稽古も欠かしません。6才から合氣道を始めました。子供クラスから着実に稽古を積み重ね最終級1級の審査です。センター南道場(横浜市営地下鉄「センター南」駅徒歩3分)所属のオノさんも1級審査です。オノさんは指導員の宮下直人先生に誘われて2年前に合氣道を始めました(中学の同級生です)。会社の経営でお忙しい中、週2回の稽古は欠かしません。特別稽古にも参加して技を磨いてきました。センター南道場(横浜市営地下鉄線「センター南」駅徒歩3分)所属の瀬尾茂雄さんは初段受験です。お仕事柄(国際線のパイロット)非常に不規則でお忙しいなか時間を取って稽古に参加しています。特別稽古にも参加して技を磨いてきました。

全員合格です!!
おめでとうございます

それから今回の審査には応援(!?)に
木下二郎先生
大塚幸恵先生加納 航先生宮下直人先生が駆けつけてくれました。ありがとうございます。