古武術の極意、教えます

9月23日(土・祝)は近藤孝洋師範の
「古武術の極意、教えます」講習会でした。

今回は居合を中心とした本邦初公開。
深~い内容。

しかも合氣道眞伝会経由で講習にお申込みしてくれた
あなたにだけ、近藤先生はなぜあんなに早く抜刀できるのか?

というヒミツを公開しちゃいました。
講習参加者の中には、
制御できない速さに居合刀の柄が折れる
というハプニングもあり・・・”(-“”-)”(私木下のことです)
他にも
秘伝、極意を多数お持ち帰りさせていただきました。
近藤先生ありがとうございました(^^♪

講習内容は後日、BABジャパンからDVDにして販売予定です。
お楽しみに(^_-)-☆

柳生十兵衛三厳の死因とは・・・

私の年代では千葉真一が演じた十兵衛が印象的でしたね。
片目を刀の鍔で隠してカッコよかったね~

剣豪といえば歴史に詳しくない人でも
柳生十兵衛か宮本武蔵の名前が出てくるでしょう。

さて
その柳生十兵衛の最期は意外と知られていない。

幕府の公式発表では

鷹狩中に急死したと

・・・

でも急死したとされる場所は
そもそも鷹狩をするような場所ではなかった
って知ってました?

真相は十兵衛に今まで斬り殺されてきた
縁者たちが大勢で一斉に
十兵衛に斬りかかった末に殺された。

その数は想像できないほど
多人数であったハズだということ。

十兵衛は陰陽法や密に入る術を
心得ていたので数十名程度であれば
瞬時に斬り殺せたハズ

との解説をしているのが
近藤孝洋先生です。

普通の人は知らない
こんな話をたくさん知っているんです。

近藤先生の講習会では技の技法だけではなく、
知られざるホントウの真実を教えてもらえるんです。

ちなみに陰陽法、密に入る等の術は
現代武術、武道においては
既に失伝していて伝える者はいません。

どのような技法かというと、

陰陽法とは
いかなる相手をも打つことができる
技法のことをいい、

密に入るとは
いかなる打撃もかわすことができる
技法のことです。

近藤先生はこの相反する技法の術理を
独自の研究にて現代に復活させました。

古武術とは
古いもので使えない形式的なもの
という意味ではありません。

現代武術にはないのであえて
古武術という名称にしているだけなのです。

あなたが現代武術を稽古していて
その現代武術に古武術の術理を取り入れたならば
あなたはその流派の最強者になるでしょう

 

その術理を知りたい
向学心の強いあなたにはこれをお勧めします。
↓↓↓↓
クリック

近藤孝洋先生の講習会に参加してみた(^^♪

近藤孝洋師範、最新講習会「古武術の極意、教えます」のお申込みは
コチラから
↓↓↓↓↓
クリック

 

パンチングミット追記

パンチングミットは突きの稽古で使用します。
その名のとおりですが、

居合の説明で

居合とは静止状態から無時間で
自己最高速度に到達させる術法である 

とありますが、
これを突きでも同様に行えるように稽古します。

この突きは
身体の筋肉(腹筋、大胸筋)などでは
到底受けきれません。

もし腹筋で受けたならば、
内臓を損傷する恐れもありますし、

大胸筋で受けたら
胸骨が陥没骨折します。

手の平で受けると
受けた手が間違いなく骨折してしまいます。

そのためパンチングミットが必要なのです。
ご理解いただけましたでしょうか?

講習会(「古武術の極意、教えます」)で
ボクシングの練習をするわけではございません。

 

基本的な質問をお受けしました。

近藤先生の「古武術の極意、教えます」に
参加したいんですけど
どうすればいいんですか?


居合刀もパンチングミットも持っていません。

居合刀はこちらで用意できます(+8000円)
パンチチングミットは・・・?

居合刀は稽古に耐えうる強度のもの
でなければいけないので
こちらでご用意しますが、

パンチングミットに関しては
ピンキリで本当にたくさんあります(*_*)

迷われて当然かと思います。
どれを選んでいいかわからない

・・・

そのとうりですね。

私もすべてのパンチングミットを
試したわけではありません。

どれがいいのか?

と聞かれて迷わず
これっとは言えないのです。

ちなみに私の持っている
パンチングミットはこれです
↓↓↓
クリック

ですが
これでなくては
いけないというわけではありません。

当会の大塚指導員のように
自作のパンチングミットで参加する人もいます。

その辺は気になさらず
どうぞお申込みください
↓↓↓
クリック

早割は延長しましたが、
定員まであとわずかでございます。
定員に達し次第募集は終了いたします。

 

祝1000回(^_-)-☆

なんの話?

当会ブログ記事数が前回の投稿で

ちょうど1000回

だったんです。
なので自分でお祝いします。
おめでとう(^_-)-☆

これも拙い当会の記事を
ご覧いただけているあなたのおかげです。
ありがとうございます。
感謝しています。

色々貴重なご意見も頂戴いたしまして
こちらも感謝しています。

長文の記事を連日投稿してあって
読む時間がないじゃないか。

8月8日から18日まで夏休みとあったので
油断していたら
普通とおり記事が投稿し続けてあって
今気が付いたけど読むのが大変じゃないか。

夏休み中にキャンペーン(近藤先生講習会)を
始めるなんて反則じゃないか

・・・

等々(*_*)確かに

・・・

反省いたします。

そこで
近藤先生の講習会
「古武術の極意、教えます」
早割特典の期日を

8月31日まで延長

させていただきます。

どうぞ
それまでにたまっている記事を
読んでいただければ幸いに存じます。

よろしくお願いします。

 

「古武術の極意、教えます」に参加したいんだけど・・・

近藤孝洋師範の「古武術の極意、教えます」に
参加してみたいんだけど

・・・

どうぞ

・・・

近藤先生って怖くないですか?

・・・

本のお顔の写真がちょっと怖いんですが

・・・

あっ!!確かにそう言われてみれば

・・・

近藤先生の髪型に日本刀を抜いてる写真

・・・

怖いかも

・・・

なので
講習会に参加される方は
命がけで参加するように!!

・・・

ウソですよ~
本や雑誌に出ている近藤先生のお顔が
怖いって思うあなたの感覚は至って正常です。

近藤先生がBABジャパン
(武術雑誌「秘伝」や各種武道、武術のDVDなどを販売)の
撮影をするところを見たことがあるのですが、

この出版社のカメラマン(私が見た方だけかもしれませんが)が
近藤先生に色々とポーズの注文を出すのです。
※原田さんではありません。

私もはたから見ていて
「オマエが近藤先生に注文すんなよ」って
心の中で文句を言っていましたが、

人のいい近藤先生は
カメラマンの言われるがまま
色んなポーズを取ります。

しまいには武術の形を取っている
近藤先生の足の位置などにも
注文を付ける始末。

それでも近藤先生は
言われるがままポーズを取り続けていました。

ホントは優しいんですよ。

ん~
このコメントも説得力がないかなぁ~