一般常識に沿ってやってみてもできない!?

合氣道では手をつかむとき軽くつかむようにしています。
ギューギュー力入れて持ってると先輩から

もっと軽く持って

って注意されます。
なんで?軽く持ってると先輩はらくらくと投げています。
そっか!力入れて持つと投げにくくなるから
先輩は軽く持てっていうんだな・・・
って思ってる人って結構多いかもしれませんね。

でも違います。

力いっぱい持っていると持ってる自分は
完全な硬直状態ってことですよね。
単なる塊になってしまっています。
なので本来は投げやすくなってるはずなんですよ。

この硬直した相手を投げれなきゃ
軽く持ってって言っちゃいけないかもしれません。

力いれて持ってる人に対抗して
こちらも力を入れて対抗してみましょう。

見事なぶつかり合いになりますね。
単純に力の強い人の勝ちになります。

これじゃダメです。

でこちらだけが力を抜いてみる。
う~う~
全然動かないってことになり・・・
やっぱり力だって相手とぶつかり・・・

ただ単に力を抜くだけじゃだめってことです。
いくら力を抜いていても
相手を投げようとか倒そうとかって
こちらが思っているだけで
相手の反発を瞬時に買い動けなくなってしまいます。

答え

・・・相手を投げようと思わずに自分の手を動かすこと。

こうすれば簡単にあなたの手は動きます。
相手の人はあなたの手をギューギューに持ったまま
下に崩れ落ちていきます。

いつから合氣道を始めるのがいいの?

あなたは車の運転をしていますか?
私は毎日車の運転をしています。車に慣れるとまあ歩かなくなりますね。
時間のこと考えるとやっぱり車の移動になりますね。

でも、いいことばかりではありません。

事故です

・・・

平成29年中の交通事故の総数47万2069件!
なので1日あたり129件の交通事故件数になります。

保険は入っとかなきゃ怖いですよね。
で自動車の保険にはいつ入りますか?

事故が起こってから・・・じゃ遅いでしょ

それじゃ保障もなにも得られないしね。
当たり前のはなし事故の前というか、
車に乗るようになる前に必ずですよね。

合氣道はいつ始めればいいのか?

これも同じことだと思いません?
何か格闘技の試合や武道の試合なら日時が前もって
決まっていますからその準備ができます。

でも不測の事態の場合、
それに向けての準備なんかできません。

合氣道を始めるのに最適な時期とは

・・・

今スグです

 

あなたには強い第六感があり、すでに発揮する準備はできています!それを活かすのは、あなたが思っているより簡単です

第六感とは人間の5官 (視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚) 以外の,あるいはそれをこえる第6番目の感覚の意。また,心理学者黒田亮は,これを意識の「識」に対して「覚」と呼び,知的・芸術的活動や武道などにおいて作用するとした(ブリタニカ国際大百科事典)

達人、名人といわれた武術家、武道家は間違いなく
この第六感を操っていたことでしょう。

それがないと
肉体のみの武術、武道になってしまい、身体の大きくて強い者には
叶わないってことになってしまいます=スポーツ(確かに小さくても超人的に強い人はいますが、オリンピックなどを見ても性別、体重別で競技は行われています。なぜか?単純に大きい人が有利だからですね)

合氣道では氣を使います。
そもそも氣がないと合氣道になりません。
ですが第六感とは氣のみを指す意味ではございません。
氣とはその入り口に過ぎず
第六感を構成するうちの1つでしかないのです。

本当の意味での第六感を会得したいなら、
それを指導しているところに行って
修行しなくてはいけません。

ただし第六感を使いこなせるようになるために
肉体の鍛錬は全く必要がないことだけは申し伝えておきますね。

攻撃を触れずに止める!?

もうオカルトの世界やん、何言ってんの?ありえないよ。
って反応をしたあなたの感覚は100%正しいです。

昔「レインボーマン」っていうヒーローもの(原作 川内康範)を
テレビでやってたんだけど、レインボーマンが使う術のうちの1つに

「金縛りの術」

っていうのがあって、死ね死ね団(日本滅亡と日本人撲滅を企む秘密結社←想定も名前もすごい、今のテレビじゃ絶対付けられない名称だね)との対決のとき出していた。相手の動きを止めちゃうの。すごいでしょ。

ヤマトタケシ(レインボーマンに変身する前の名前)が
インドの聖者ダイバダッタのもとに修行に行ってできるようになった。

実際これができたら・・・

そんなこと考えてる暇があったらマジメに稽古せんかいって怒られそうですね。
でも、これレインボーマンのように長時間止めることはできないけど・・・

一瞬ならできるんです。

そういうこというから合氣道が???で見られるんでしょうって
でもホントにできるんだからしょうがない

平成30年『鏡開き式』

1月20日(土)『鏡開き式』を行いました。
会長のおはなし、

目標をまず決めてその目標に向かっていきましょう。
その目標も苦しくなるようなものではなくて、
達成に向かって楽しくなれるようなものがいい

ということです。
昨年の
皆勤賞 大塚幸恵先生(センター南道場)、ナント11年連続の皆勤賞!!
精勤賞 八尾丈士くん(センター南道場)の表彰もありました。
奉納演武さあ今年も明るく楽しく磨いていきましょう(^_-)-☆

潜在意識を高めるためには・・・

毎日、新聞、テレビ、ラジオ、ネットで様々なニュースが
洪水のように流れています。

でそのほとんどが、悪いニュースです。
なぜか?って人は潜在的に悪いニュースの方が好きだから
なので見たり聞いたりしてしまう。

それでそのニュースの内容に腹を立てたり、怒ったり、
悲しんだりしてしまいます。

しかも朝一から世のほとんどの人が
そのような生活をしています。

また夜は夜でニュースを見てまた腹を立てたり、
怒ったり、悲しんで寝ます。
そのまま寝るということは潜在意識の中に
その状態がずっと続いているってことになります。

それでまた朝起きての繰り返し

このような生活をしていたら
潜在意識を高めることは不可能です。

潜在意識の例えで、氷山の一角 というのもがあります。
大きく見えた氷山でも
実はその見えているのはほんの一部で
海に沈んで見えない方が海に浮かんで見えてる氷山よりも
9倍あるっていう事実。

人間でいうと見えている部分というのは身体ですね。
見えないものは 心=潜在意識 です。

心が整った状態でないと
身体の能力を最大限に発揮することはできないのです。

なのでまず心=潜在意識の中に悪い情報を入れないことが重要です。
先の例でいいますと、
悪いニュースなどは聞かない、見ない。

そうはいっても色々なところから入ってきますから
完全にシャットアウトはできないので、
もし見たり聞いたりしても
腹を立てたり、怒ったり、悲しんだりせずに
そういう事実があった程度にとどめておきます。

表面意識までで止めることが大事です。
そういうクセをつければ潜在意識に悪い情報が入ってきません。

悪い情報が入ってこない状態にしてから、
今度は良い情報を入れていきましょう。
そうすれば徐々に潜在意識が高まっていきますよ。

汚れた器にいくらきれいな水を入れても
器の汚れが水に移って水も汚れてしまいます。

まず器をきれいに洗いましょう。
それからきれいな水をいれましょうね。

 

今年のあなたはどこに向かう?

毎年稽古初めのときに話している内容ですが、
冬休みに出かけた人って聞くと

ハイハイ、おばあちゃんち行った。〇〇に行ってきた ・・・

子供たちは元気に答えてくれます。
何で行ったの?

車、電車、飛行機・・・と様々な交通手段で出かけていますね。

出かけるときどっか行こうって
言ってでかけたらどこに着く?

え~??どっかじゃわかんないよ~

そうだね。
どっか行こうなんて言って出かけたりしません。

〇〇に行こうって
行く前に目的地を決めてから出かけるわけです。

そんなわけで

あなたは今年どこに向かいますか?

どこって場所のことではありません。
あなた自身が決めた目標のことですよ。
目標なんか決めてないし、決めなくてもいいでしょ
っていう人もいます。

決めてないから他の人の影響もモロに受けます。
それであっちへフラフラこっちへフラフラ・・・

そんな生活しても何も実りませんよね。

自分でやり遂げたいことを決めて進むと
充実した毎日を送れることを保証します

追伸
目標というと苦手を克服するような目標を考える人もいますが、
楽しい目標でもいいんですよ。
自分がワクワクできる目標です。

ゴールに到着するのが待ち遠しくて楽しくてしょうがないような
目標だと最高ですよね。

再追伸
〇〇をガンバル・・・これはダメ。
具体的に数字で表せる目標です。
例えば早寝、早起きって目標じゃダメってこと、
今年は朝6時に起きて夜10時に寝る・・・
これならOK
目標は計測可能なものにしましょう